スパイ・バウンド 【2004年製作:映画】

    タイトルからも分かるようにスパイ映画です。

    主人公はフランスの情報機関に所属しています。

    日本に入ってくるスパイ映画は、
    007ジェームズ・ボンドが所属するMI6やCIAと言ったのが一般的で、
    フランスの情報機関というのは、
    珍しいですね。

    さて、
    物語ですが、
    スパイ映画らしいスリルとサスペンスアクションに彩られた内容とはちょっと違います。

    ないわけではないです。

    そればっかりではないと言うことです。

    男と女のスパイが、
    ある任務遂行のために夫婦としてモロッコへ行きます。

    そこで仕事を成功させ帰国しようとしたところ、
    空港で女が麻薬密輸の容疑でつかまってしまいます。

    それを見た男は、
    臨機応変に対応して、
    いかにもスパイらしい行動力を見せて無事帰国。

    女の逮捕ははめられたことを知り、
    なんとかしようとします。

    そして、
    スパイとしての立ち位置に悩むも自分は単なる駒ではないと行動するという展開。

    ベテランスパイが、
    何を今更って感じの悩みですが、
    それなりに最後まで楽しく見ることは出来ます。

    女スパイをモニカ・ベルッチが演じており、
    相変わらず素晴らしい肉体美をサービス的に見せてくれたりしますが、
    やはり、
    スパイという生活に限界を感じてどうしようと刑務所で悩む姿はさすがという感じです。

    ラストの方までは実に良い感じだったんですかけど、
    ラストがねぇ。

    普通に終わってしまって、
    ちょっと肩すかしって感じで、
    もうちょっとなんかあればよかったのにと思ってしまいましたね。

    スパイは非情なんだよ、
    とか。

    スパイだって人間なんだよ、
    とか。

    とかとか、
    なんかあっても良かったよなぁ。

    まぁ、
    これはこれで良いのかもしれないけど。

    それまでが、
    思っていたよりも良かったので、
    ラストの締まりのなさが非常に目立ってしまった感じです。

    そんな感じではありますが、
    暇な週末にちょっと違ったスパイ映画を観てみようかなぁ、
    と言うくらいの気持ちで見る分には十分楽しく観られると思います。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : スパイ アクション サスペンス ちょいエロ 動画 モニカ・ベルッチ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー