刑事コロンボ 祝砲の挽歌

    刑事コロンボ 祝砲の挽歌」は、
    結構お気に入りの作品です。

    何処が気に入っているかというと、
    今回登場する犯人に好感が持てるというか、
    気に入っているんですよね。

    今回の事件は、
    ヘインズ陸軍幼年学校という全寮制の学校が舞台になります。

    そして、犯人は、
    ヘインズ陸軍幼年学校の校長先生のラムフォード大佐。

    そうなんです。

    軍隊式の学校で、
    将来のアメリカ軍人を育てる目的で作られた学校で、
    軍に行かなくとも祖国アメリカを愛する人間に、
    そして、規律を重んじ立派な大人になるための教育が行われている場所なのです。

    と言う「刑事コロンボ」が制作された時代ですら、
    ちょっと古くさい教育理念の学校で、
    そんな学校は流行らないから普通の学校にして驚愕にするという理事長をラムフォード大佐が殺すわけです。

    それも式典の最中に祝砲の火薬の量を増やして、
    筒にタオルをねじ込み、
    暴発させて事故に見せかけて殺します。

    この事故に不信を持ったコロンボが、
    学生寮に寝泊まりして事件を追いかけるんですね。

    下着姿で学生寮の中を貼り回ったりして、
    普段の「刑事コロンボ」では見られない姿を見ることが出来ます。

    刑事コロンボ」に登場する犯人は、
    頭の良い人が犯人のケースが多く、
    証拠などを突きつけられて観念するときは、
    素直に負けを認めて自らの犯した罪に後悔したりするのですが、
    今回のラムフォード大佐もそういった感じの犯人になります。

    自分では、よかれと思ったこと、
    自分の考えが但し、その邪魔をする者を殺したと言う事。

    その考えが間違っており、
    生徒に罪をなすりつけるような真似をして後悔する。

    ある意味、つかまってほっとしている犯人。

    刑事コロンボ」では、王道パターンではありますが、
    最後の最後で人間味があふれるところが実に良いですね。

    それまでの軍人とはかくあるべきというリントした姿からは想像できないかんじで、
    まさに名演技でした。

    と言うわけで、
    この「刑事コロンボ 祝砲の挽歌」を観るときは、
    是非、犯人のラムフォード大佐に注視して観て欲しいですね。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー