アイデンティティー 【2003年製作:映画】

    さて「アイデンティティー」という映画ですが、
    momoな毎日」のブログで紹介されていて、
    へぇ~、面白そうだなぁ、
    と言う事でDISCUSでかりて観たんですよ。

    内容はですね、
    ある嵐の夜、モーテルに集まった人たちに起きた事件のお話し。

    我が儘な女優の運転手をしていた男が主人公で、
    ある家族の母親を車で引いてしまい、
    救急車を呼ぼうにも電話が通じず、
    仕方なく近くのモーテルへ運び込みます。

    そして、母親を含め家族をモーテルに残し、
    車で直接病院に行って連絡してくると出かけるんですが、
    道が増水のため寸断され何処にも行けなくなり、
    仕方なくモーテルへ引き返します。

    そこへ、凶悪犯を護送していたパトカーがきて、
    警察無線で助けを呼ぼうとするのですが、
    ダメで、なんとか応急処置をして母親を延命させます。

    そんなとき、連行していた犯人が逃亡。

    次々とモーテルに集まった人たちが殺されていくというお話し。

    いやー、凶悪犯を連行したパトカーがモーテルに現れたシーンから、
    どうもどこかで観たことがあるなぁ、
    なんて思いながら、
    話が進む度に、
    う~ん、知っているぞ、
    となって、
    決定的になったのは、
    バットが口に刺さっているシーン。

    もうその段階で、最後のオチまで思い出してしまいました。

    アチキ、この映画観たことありましたね。

    すっかり忘れていましたよ。

    こう言うことがないよう、
    出来るだけ備忘録代わりにブログに書いているんですけど、
    書いてもいませんでしたね。

    とは言え、
    オチを知っているからこそ、また違った見方ができて、
    二回目としてもおもしろく観ることが出来ましたね。

    最近観た映画では、
    「ザ・ウォード 監禁病棟」も同じネタを扱った作品で、
    「ザ・ウォード 監禁病棟」は、ホラーテイスト、
    こちらサスペンステイストと、
    どちらがよい悪いというわけではなく、
    切り口が変わるだけで、こんなにも違う作品になるんだと、
    改めて脚本・演出の重要性を感じましたね。

    う~ん、もちっと中身について色々と書こうかと思ったのですが、
    やっぱりいつものようにぐだぐだになってしまいました。

    と言うわけで、
    興味があったら是非ご覧ください。

    中身については「momoな毎日」のブログでより詳しく紹介されているので、
    そちらを読んでください。

    う~ん、説明放棄ですか。

    まっ、いいでしょう。

    相変わらずひとりよがりなブログ記事でした。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス 犯罪 刑事 動画 アマンダ・ピート

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー