超重神グラヴィオンZwei(ツヴァイ) 【アニメ】

    「超重神グラヴィオン」の続編「超重神グラヴィオンZwei(ツヴァイ)」です。

    続編と言っても、
    二つで一つの作品という感じです。

    前作では、謎が残ったまま中途半端に終わっているので、
    「超重神グラヴィオンZwei(ツヴァイ)」で全て解決します。

    前作が全13話で、今作が全12話になります。

    まぁ、通常の2クール作品と言うことですね。

    さてさて、
    「超重神グラヴィオンZwei(ツヴァイ)」では、
    前作よりもちょっと暗い展開になっていきます。

    と言ってもヘビーな感じではなくて、
    おちゃらけが少なくなって、シリアスが多くなったと言うだけですが。

    仲間の一人が裏切り、
    ばらばらになりかけたグランナイツのメンバー。

    主人公の天空侍斗牙(てんくうじ とうが)もだんだん人間味を帯びてきて、
    そして、アチキが主人公だとばかり思っていた熱血ヒーローの典型キャラ紅(しぐれ)エイジが、
    主人公なみに頭角を現してきます。

    そして、行方不明の紅(しぐれ)エイジのお姉さんも登場して、
    まぁ、この辺は、前作の段階でこの人だろうと思っていた人物だったので、
    今更感はありますけど、
    一応、観ていない人のために敢えて正体は語りません。

    そして、そして、
    敵とクライン・サンドマンの関係もわかり、
    すっきりこっきりの物語終焉を迎えます。

    最後の決戦は、
    やはり敵の本拠地での戦い。

    当然、主人公たちの勝利に終わるわけですが、
    この辺の展開は、
    スーパーロボットアニメらしい展開と言って良いでしょうね。

    登場キャラクターに女性が多いとか、
    萌えを狙った設定だとか、
    今時のスーパーロボットアニメですが、
    一通り観ると、
    これはこれで結構楽しめました。

    誰もが楽しめる作品かどうかは分かりませんが、
    キャラクターや物語の設定などが気に入ったのなら十分楽しめるのではないでしょうか。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。









    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF ロボット 動画 池澤春菜 浅川悠 中原麻衣 桑島法子 根谷美智子 水樹奈々 千葉紗子

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re: No title

    コメントありがとうございます。

    B級ロボットアニメですか。
    なるほど。

    そう考えると、スーパーロボット系のアニメってB級ぽいのが多いよなぁ。

    映画もB級好きな私がスーパーロボット系を気に入っているのはその辺に原因があるのかもしれません。

    No title

    個人的にはB級という冠が似合うロボアニメだなと。
    というか監督の大張さんが絡むと、大体がそうなってしまうのは不思議なもので。
    グラヴィオンは割と好きです。でも、あんまり言うこともないんですよね。
    その辺がますます自分にとってのB級なのかな……とも。

    終盤の主人公からネタ要素まで幅広くこなしたサンドマンが、自分は一番気に入ってます。
    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー