エイリアンVSアバター 【2011年製作:映画】

    イヤー、久々に色んな意味で素晴らしいB級映画を観ましたよ。

    もう何て言うの、
    B級映画ファン以外にはお薦め出来ないって言う作品ですね。

    まずタイトルの「エイリアンVSアバター」に驚きました。

    何がって、
    「アバター」人気で適当につけた邦題タイトルだと思っていたら、
    なんと、原題もそのまんまじゃないですか。

    もう作っている段階から狙いバッチシというわけですな。

    内容は、タイトルの通りです。

    エイリアンとアバターが戦います。

    いくつもの星を破壊してきた凶暴なエイリアンが地球に来て、
    それを追ってきた宇宙人が、
    アバターを使って地球に降りて追跡。

    エイリアンには、特殊な能力があって人に化けることが出来るのです。

    そして、キャンプに訪れていた若者たちがその戦いに巻き込まれて、、、。

    もうね、最高ですよ。

    CGは、いやいやそんな立派な名称を使うと恥ずかしいくらいのオプティカル処理のバリアーとか、
    今時こんなデザインのロボットをはずかシゲもなく登場させるセンスとか、
    それこそ、一昔前、いやいや二昔前の日本の戦隊ヒーローモノでももっとましな特撮だったと思うんだよねぇ。

    まぁ、あまりこう言う言い方をしたくないんだけど、
    B級ではなく、C級と言ってよい感じですね。

    BもCも人によっては一緒くたの感じでしょうが、
    実は、アチキもB以下はみんなBに含んでしまっていたりするんですよ。

    予算的なランク付けが基本のABCですからね。

    予算が亡くてもアイデアや情熱が感じられれば、
    それはそれでよいと思っているし、
    厳密に線引きするのが難しいので、
    アチキとしては、B級以下はみんなB級としているのです。

    が、今回の「エイリアンVSアバター」に関しては、
    B級映画作品が一緒にされると少々かわいそうな感じもするので、
    C級映画とした方が良いのかな、と思ったりしてしまったほどのクオリティ。

    だからと言って、
    最後まで楽しめないかというと、
    それはそれで楽しく見ちゃいましたよ。

    もしかしたらこの制作した監督とか、主要スタッフに日本の特撮ヒーローやアニメモノのファンがいるんじゃないかと思ってしまうほど作品でした。

    ああ、間違っても良い意味でとらえないように、
    普通に特撮やアニメが好きな人が見たらきっと怒ると思いますから。

    この作品を最後まで楽しく見て、
    観終わった後、この映画を許せる心を持った方は、
    きっとB級映画のファンになれる素質十分です。

    是非、B級映画ファンの方には観て欲しいですね。

    2011年制作で、まだこう言う作品が商業ベースで登場してくることに感動しましょう。

    何度も言いますが、
    今までB級映画を観て、こんなのクソだっ、とか、観る価値ねぇ、と思ったことがある人は、
    絶対に見てはいけません。

    絶対に、また同じ事を言うと思いますから。

    金返せー、と。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF エイリアン ロボット ちょいエロ 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re: くだらなさを楽しむ

    コメントありがとうございます。

    B級映画は、くだらない映画の宝庫です。

    そのくだらなさが大好きでついつい見てしまうのです。

    そして、ごくごくたまに素晴らしい作品に出会います。

    そうしてB級映画の大ファンになってしまうのですね。

    大人が真剣に作っているからそういうのが生まれるのでしょうね。

    アチキの仕事でもくだらないことを真剣に考えたり、くだらない話から良いヒントが出て来たり、
    そういうのを経験しているとくだらないと思える無駄なことも大切なんだとつくづく感じます。

    またそう言うことを話し合っている時って楽しかったりするんですよねぇ。

    と言うわけで、是非、この作品に限らず、くだらないものを楽しんでください。

    くだらないものを楽しめるアホなアチキでした。

    くだらなさを楽しむ

    ○○VS○○シリーズは、くだらなくていいんですよ。
    エイリアンVSプレデターを見たことがありますが、大笑いでした。
    背景からして完全に対岸の火事です。
    こういう発想はどこからくるんですかねえ。
    見ている方は大笑いなのに、作っている方は真剣にどっちが生き残るかを争っているわけですよ。

    こういうのを見てると、世界は平和でいいなあと思いますな。
    こんなもんに金かけれるんだから。
    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー