F1 2012 Round.13 イタリアGP

    フェラーリのお膝元、母国グランプリ。

    イタリアGPには、いつか行ってみたいGPの一つですが、
    いやー、良いレースでした。

    優勝は、マクラーレンのルイス・ハミルトン。

    ポール・トゥ・ウィンですよ。

    速かったねぇ。

    危なげないレースで、
    ワールドチャンピオン候補に残る走りでした。

    そして、驚きは、
    ザウバーのセルジオ・ペレス。

    ビックリだ。

    2位表彰台だよ。

    まさかだよねぇ。

    でも素晴らしいスピードで、
    日本のF1ファンからすれば、
    ちょっと微妙な感じでしょうけど、
    素晴らしい走りでした。

    特に、フェラーリの二台を抜いて、
    2位になってからもマクラーレンを手を抜かずに追いかけて、
    実力で勝ち取った2位ですね。

    ジェンソン・バトンは、マシントラブルで2位の座を落としてしまいましたが、
    仮にジェンソン・バトンが残っていてもペレスは、表彰台取れたでしょうね。

    それほど、このグランプリでの走りは素晴らしかったです。

    これが、小林可夢偉だったらなぁ、と。

    フリー走行でまともに走れなかったにしろ、
    決勝は、なんとか9位で、
    ペレスが表彰台と比べるとやっぱりちょっと、ねぇ。。。

    運も実力のうちと言うけれど、
    小林可夢偉には、もっとがんばって欲しいですよ。

    この結果と運がシーズン終了まで行ってしまうと、
    来シーズンのシートがどうなるのかわからないですからねぇ。

    せめて、来シーズンのシートが決まれば、
    もう少し落ち着いてみていられるのに。

    それにしてもモンツァ、高速サーキットらしいハイスピードバトルが随所に見られ、
    もう二つ、三つ高速サーキットでのレースが見たいと思うのはアチキだけでしょうかね。

    さて、レッドブルのセバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーは、
    二人ともリタイヤですよ。

    去年のチャンピオンチームが、二台揃ってのリタイヤとは、
    2010年の韓国GP以来と言うことで、
    今年は、序盤の迷走が最後まで後を引く感じですねぇ。

    とはいえ、
    ヨーロッパラウンド最後のグランプリですが、
    残りのレースは、まだ7つもあるんですねぇ。

    どうなるのか、まだまだ分かりませんよ。

    それこそ、2010年のような展開だってあり得るのですから。

    最後に笑うのは、一体誰なんでしょうね。


    FORMULA 1 GRAN PREMIO SANTANDER D'ITALIA 2012

    Provisional Results
    Pos_No_______Driver_______________Team________Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    14Lewis HamiltonMcLaren-Mercedes53Winner125
    215Sergio PerezSauber-Ferrari53+4.3 secs1218
    35Fernando AlonsoFerrari53+20.5 secs1015
    46Felipe MassaFerrari53+29.6 secs312
    59Kimi RäikkönenLotus-Renault53+30.8 secs710
    67Michael SchumacherMercedes53+31.2 secs48
    78Nico RosbergMercedes53+33.5 secs66
    811Paul di RestaForce India-Mercedes53+41.0 secs94
    914Kamui KobayashiSauber-Ferrari53+43.8 secs82
    1019Bruno SennaWilliams-Renault53+48.1 secs131
    1118Pastor MaldonadoWilliams-Renault53+48.6 secs22
    1216Daniel RicciardoSTR-Ferrari53+50.3 secs14
    1310Jerome D'AmbrosioLotus-Renault53+75.8 secs15
    1420Heikki KovalainenCaterham-Renault52+1 Lap17
    1521Vitaly PetrovCaterham-Renault52+1 Lap18
    1625Charles PicMarussia-Cosworth52+1 Lap20
    1724Timo GlockMarussia-Cosworth52+1 Lap19
    1822Pedro de la RosaHRT-Cosworth52+1 Lap23
    1923Narain KarthikeyanHRT-Cosworth52+1 Lap21
    202Mark WebberRed Bull Racing-Renault51+2 Laps11
    2112Nico HulkenbergForce India-Mercedes50+3 Laps24
    221Sebastian VettelRed Bull Racing-Renault47+6 Laps5
    Ret3Jenson ButtonMcLaren-Mercedes32+21 Laps2
    Ret17Jean-Eric VergneSTR-Ferrari8+45 Laps16

    Note - Maldonado drops five grid spots for a jump start and five for causing a collision at the previous round. Di Resta drops five for an unscheduled gearbox change.





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー