銀の鍵 【マンガ】

    クトゥルー神話の生みの親、
    ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説のコミカライズ作品です。

    今回は、5つの短編をコミカライズしております。

    内訳は、
    「ランドルフ・カーターの陳述」
    「セレファイス」
    「ウルタールの猫」
    「名状しがたきもの」
    「銀の鍵」
    となっています。

    H・P・ラヴクラフトの全集は読んでいるのですが、
    「セレファイス」については、
    印象が全く残っていませんでしたね。

    それ以外は、程度の差こそあれ、
    憶えているというか知っている作品だったので、
    どんな感じになっているのかなぁ、
    といつものようにワクワクしながら読みました。

    原作小説では、
    この5つの作品の中ではタイトルにもなっている「銀の鍵」が一番気に入っていました。

    特にこのあとの話となる「銀の鍵の門を超えて」は、
    特に良く出来ていて面白いです。

    きっと、いつかコミカライズされることでしょう。

    と言う事で、
    今回の「銀の鍵」に収録されている話は、
    H・P・ラヴクラフト自身をモデルにした人物ランドルフ・カーターを主人公とした作品を中心にしてまとめられています。

    特に「ランドルフ・カーターの陳述」では、
    クトゥルー好きにはお馴染みのネクロノミコンにまつわる話があったりと、
    クトゥルーは知っていてもH・P・ラヴクラフトの小説を読んだことがない人には、
    興味深く読めるのではないでしょうか。

    そして、H・P・ラヴクラフトらしいというか、
    クトゥルーらしい命名でもある「名状しがたきもの」も実に良い感じです。

    そう言えば、
    「闇にささやく者」のコミックも発売されているんですよね。

    このマンガを買ってから知りました。

    相変わらず近所のTSUTAYAではお目にかかれません。

    まぁ、このH・P・ラヴクラフトのコミック作品群は、
    PHP研究所が発行しているので、
    中々普通の本屋ではお目にかかれないとは思うので、
    興味があって欲しいと思ったら本屋で注文するかAmazonなどでご購入してくださいな。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ホラー クトゥルー H・P・ラヴクラフト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー