宇宙戦艦ヤマトIII 【TVアニメ】

    今のところ、最後のTVシリーズです。

    何故今のところかというと、
    よく復活の企画が立ち上がっては消え立ち上がっては消えていくから、
    もしかしたらいつか復活してしまうのではないかと思っているのです。

    今は、実写版の企画が立ち上がっていますからね。

    この先どうなる事やら。

    と、言うことで「宇宙戦艦ヤマトIII」です。

    「ヤマトよ永遠に」で暗黒星団帝国との戦いに勝利したヤマトは、
    地球にて新たな任務について頃のお話。

    その頃、銀河系は、
    星間国家ボラー連邦と新興帝国ガルマン・ガミラス帝国の戦いが繰り広げられており、
    その戦いの中で惑星破壊プロトンミサイルの流れ弾が太陽系の太陽に当たってしまい、
    1年以内に太陽はなくなってしまうことが判明した。

    いわゆる原点回帰的な作品なんですね。

    太陽の異常現象が惑星破壊プロトンミサイルのせいだとは知らず、
    地球人を移住させるべく、銀河の各地へ移住可能な惑星を探す計画が進められていき、
    その中に宇宙戦艦ヤマトも任務に就くことになるのです。

    元々、宇宙戦艦ヤマトは、
    滅亡する地球から少しでも多くの人間を助けるために作られた地球脱出用の宇宙船なので、
    まぁ、本来の役目に近い任務をはじめてこなすことになります。

    まぁ、そんなこんなで、
    第二の地球探査で銀河系内を飛び回ることになって、
    はじめて今銀河系では二大勢力による戦争が行われていることを知るわけです。

    こうなると、単に第二の地球を見つけても戦争に巻き込まれてしまう恐れがあり、
    何とかしなければと言うことで、
    第二の地球探査をやめてヤマトは新たな任務に就くことになるのです。

    はたして、地球の運命は、、、、。

    なんて、かいても結果は分かっているわけで、
    観たことのない人は、どうやって物語が完結したのかじっくりご覧ください。

    アチキの中では「宇宙戦艦ヤマトIII」はシリーズの中でもいちにを争う高評価なんですよ。

    まず、戦闘シーンがかっこいい。

    まともな艦隊戦をはじめて描いたのではないかと思えるくらい、
    戦闘シーンは良く作ってある。

    それほど沢山戦闘があるわけではないのですが、
    それぞれがいい感じなんですよ。

    後は、、、、、。

    アレ?

    戦闘以外に語るべき所って、、、、。

    まぁ、いいじゃないですか。

    男の子としては、かっこいい戦闘シーンだけで大満足ですよ。

    古代進とデスラーの友情とか、
    色々と観るべき所はあるのかもしれませんが、
    アチキとしては、戦闘シーンだけでいいかな。

    当然のように新キャラも登場するのですが、
    TVシリーズが終わるとともにいなくなってしまいます。

    それは、何故か。

    また死んでしまうんですね。

    ホント、殺すためだけに新キャラ登場させないでよ、
    と言いたい。

    あんなに盛り上がった相原君のラブストーリーも、
    これ以降(といっても劇場版「宇宙戦艦ヤマト 完結編」しかないけど)は、相手の女性は出てこないし。

    こんなにシリーズが続いているのに、
    新キャラの役目って、、、、。

    一作目の登場キャラから途中で参加して最後までいたのって、
    機関長の山崎と同じく機関員の徳川の息子と、コスモタイガー隊のパイロットで加藤の弟くらいじゃないか。

    いかんよなぁ。

    他にもいっぱい魅力的なキャラがいたのに。

    ヤマトクルーから離れていてもちょい役でだすとかさ、
    いろいろと使い道はあるのに。

    それに、今となっては考えられないが、
    「宇宙戦艦ヤマトIII」は、元々一年間放送する予定だったのが、
    低視聴率で打ちきりなんだよね。

    最初の「宇宙戦艦ヤマト」もそうだったけど。

    でも今回は、低視聴率といっても15%は平均であったらしい。

    今だったら間違いなく一年間放映されていたよ。

    まぁ、時代だねぇ。

    そんな感じで、「またヤマトかよ・・・」みたいな雰囲気がアチキの周りでもあり、
    実際、「宇宙戦艦ヤマトIII」を観ていない人って多かったような気がするなぁ。

    だから、結構良くできていたのに、
    実にもったいない感じですよ。

    この際だから「宇宙戦艦ヤマト」に興味を持ったらシリーズを全て観るつもりで観て欲しいですね。

    「宇宙戦艦ヤマト」は結構観たけど「宇宙戦艦ヤマトIII」は観ていないなぁ、
    なんて不届きモノはすぐにご覧ください。

    イメージしていたよりもきっと酔い作品だと思えるはずです。

    たぶんね。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 宇宙 戦争 SF 納谷悟朗 富山敬 麻上洋子 伊武雅刀 古谷徹 神谷明 松本零士

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー