火の鳥 【マンガ】

    本当は、それぞれの時代ごとに書こうかな、
    と思ったのですが、
    それはいずれまた。

    まずは、「火の鳥」のすばらしさを知ってもらいたいですね。

    特に若い人たちに。

    漫画が好きならやはり手塚治虫氏の作品は押さえておくべきでしょう。

    その中でも以外に手に取られることが少ない「火の鳥」こそ手塚マンガの真骨頂でしょう。

    「鉄腕アトム」もハリウッドで映画になるし、
    今年は手塚治虫氏にスポットが当たると思うので、
    少しでも興味が出たら「火の鳥」を読んで欲しいです。

    「ブラックジャック」でも「リボンの騎士」でも「ジャングル大帝」でも「マグマ大使」でも「サンダーマスク」「ぼくの孫悟空」「どろろ」「三つ目が通る」「バンパイヤ」「ユニコ」「ワンダースリー」「来るべき世界」・・・

    まぁ、いっぱいオススメ作品がありすぎて困ってしまうほどですが、
    群を抜いて面白いのが「火の鳥」だと、アチキは思っています。

    残念なのは、未完で終わってしまっていること。

    「太陽編」は面白かったなぁ。

    それまでは「鳳凰編」が好きでねぇ。

    全部読んでいるからその中でと言うことになるのだが、
    「火の鳥」は人の命、そして転生輪廻の物語でもあるので、
    単発で善し悪しを語れないところもある。

    永遠の命を求めて火の鳥を追う者達。

    いつの時代でも人の愚かな行いは終わることなく、
    転生輪廻を繰り返してさえ業を背負った者達は開放されることがない。

    数少ないけど、その中で開放される人もいるのだが、
    ほとんどは開放されることはない。

    長い時代を経て画かれているので、
    改編されている物語もあったりするが、
    その辺はあまり気にせずにまずは今手に入る本を片っ端から読んでください。

    難しいことは、一通り読んでから考えればいいです。

    単純に表面上の物語を読んでいるだけでも実に面白く良くできている。

    そして、もっと知りたいと思ったら何度も読み返す。

    読み返しにも問題なく耐えうる物語だし、
    読み返す度に何かしらの新しい発見があったりするのも「火の鳥」の凄さです。

    そして、もっと興味が出てきたら解説本とか研究本がいっぱい出ているので、
    そちらにも手を伸ばすのがよいでしょう。

    最初に解説本とか読んだらダメね。

    やっぱり自分の感性で「火の鳥」を感じ取って欲しいです。

    NHKで放映されたアニメとか、劇場版とかOVAとか、
    映像作品もいっぱいありますが、
    やっぱり「火の鳥」だけは映像作品を観る前に漫画を読んで欲しいと思ってしまいます。

    それは、やはり人のフィルターが入ってしまった「火の鳥」はその人の「火の鳥」でしかないからです。

    アチキとしては自分の「火の鳥」を漫画を読んで形作って欲しいと思うのです。

    それほど良くできた作品なんですよ。

    どれから読んでも間違いではないです。

    気に入ったサブタイトルから読んでもらって一向にかまわないです。

    順番に読むのが正解とも思えないし、
    執筆順もどうかと思うし、
    間違っても人に教わって読まない方がいいかも。

    特にディープなほど「火の鳥」が好きな人が薦めるのは、
    もしかしたらその人にとって取っつきにくい物語かもしれないしね。

    「火の鳥」は漫画の可能性を広げた作品でもあると思うんだ。

    残念なのは、その事をリアルタイムで感じ取ることが出来なかったことかな。

    後になって知って凄いなぁ、と。
    少し大人になって、凄いなぁの凄さがもっと凄いことだと思うようになって、
    今では凄いという言葉で語るのはチープだな、と思ってしまうほど。

    手塚治虫氏が天才だと言われるのを納得した作品ですね。

    だから凡人のアチキが「火の鳥」の全てを理解できるとは思っていないけど、
    そんなことは作者である手塚治虫氏はきにしないでしょう。

    ライフワークとした「火の鳥」という作品。

    未完という形で終わってしまった「火の鳥」という作品。

    もうアチキの楽しみは読み返すことでしか楽しめないのはちと寂しいですが、
    まだ未読の人はこれからこの作品を楽しめるのかと思うととってもうらやましいです。




    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : マンガ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 手塚治虫 SF

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー