水惑星年代記 【マンガ】

    以前「稲田小鬼物語」のネタを書いたわけですが、
    結構良かったので同じ作者の他の作品を読もうと思い、
    読んだのが「水惑星年代記」シリーズです。

    シリーズとしているのは、
    同じ世界観のオムニバス物語と言うことで、
    乱暴に言えば、どこから読んでも良い作りになっているマンガです。

    で、一応、順番に読むとなると、
    水惑星年代記
    続 水惑星年代記
    環 水惑星年代記
    翠 水惑星年代記
    碧 水惑星年代記
    水惑星年代記 月娘<ルーニャン>
    水惑星年代記 月刊サチサチ
    と言う順になるかな。

    厳密に言うと、
    「水惑星年代記」の前に「空からこぼれた物語」というのから読んだ方がよいかもしれないですね。

    「空からこぼれた物語」も同じ世界観で、
    収録されている作品の一つが、
    「水惑星年代記」に後日談としてのっていたりするんですよ。

    SF的な設定の物語なのですが、
    ほのぼのとしたヒューマンドラマの話が殆で、
    シリーズが進んで行くと、
    この世界を構築していると言っても過言ではない、
    ブラック一家の話がメインストリームになっていきます。

    このブラック一家がまた良い感じなんですよ。

    もちろん、それ以外のお話しやキャラクターも良くて、
    じ~んとくるエピソードや楽しいエピソードが満載。

    「稲田小鬼物語」時ほど画の個性が際立っていないので、
    比較的一般に受け入れられやすいマンガになっています。

    残念なのは、
    「水惑星年代記」シリーズは、
    中々手に入り難いので、
    全てを本屋で見つけたりするのは困難かもしれません。

    アチキも古本、通販で探さして買いました。

    しかし、最後の「水惑星年代記 月刊サチサチ」は、
    出版社ルートで買いました。

    いやー、ホントつからなくてね。

    Amazonでも売っているのですが、
    アチキが買おうとした時なんて定価よりも高かったのですよ、
    そうなると、ちょっと、ね。。

    苦労して手に入れるだけの価値は、
    アチキにはあったかな。

    興味があったらどれか一冊、読んで観て、
    自分に合っていると思ったら他の作品を読んでみてください。

    はまる人には、はまる作品ですよ。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF 宇宙 ハートフル 恋愛 日常

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー