F1 2013 Round.1 オーストラリアGP

    いよいよF1GPの2013年シーズンがスタートしました。

    今年は、
    いきなり予選が二日間にわたってしまうと言う、
    実に珍しい状況からスタート。

    F1の予選は、三回のセッションで順位を決めていくのですが、
    その一回目のセッションのスタートが雨で遅れ、
    一回目が終わってからもまた雨が降って遅れ、
    そのまま順延になってしまったという。

    日本グランプリで、
    台風のおかげで、
    一日で予選と決勝を行ったときもありましたねぇ。

    あの時は、
    鈴鹿に見に行ったんだよねぇ。

    急遽、変更になったスケジュールですが、
    フジテレビNEXTは、しっかり対応してくれて、
    嬉しかったねぇ。

    さて、今年一発目のポールポジションは、
    昨年の王者で、三年連続チャンピオンのセバスチャン・ベッテル。

    二番手にマーク・ウェバーと、
    レッドブル事しもつよし、
    って感じでした。

    しかし、ライバル達も悪くはなかったですねぇ。

    フェラーリもよかったし、
    メルセデスもよかった。

    ロータスも不気味な感じだったし。

    しかし、マクラーレンは、
    なんだかドタバタしていましたね。

    といった感じで、
    決勝は、スムースにスタート。

    今年からタイヤの構造が変わって、
    いろいろと言われていたのですが、
    やっぱりどこも苦労している感じでした。

    でもそこは、F1。

    シーズンも進めば、
    しっかり対応してくるんですよねぇ。

    ポールスタートのセバスチャン・ベッテルは、
    いい感じでトップ独走状態を気づき、
    二番手のマーク・ウェバーは、
    今年もスタート失敗。

    何が問題なんでしょうねぇ。

    レースは、前半はセバスチャン・ベッテルが逃げ、
    それにフェルナンド・アロンソ、フェリペ・マッサ、ルイス・ハミルトンが続く戦い。

    ニコ・ロズベルグは、マシントラブルでリタイヤ。

    メルセデスの調子がよさげに見えていたから、
    リタイヤするシーンを見て、
    今年もこんな感じなのかなぁ、と。

    いつ期待に応えてくれるんでしょうかね。

    で、レース後半、
    まさかの展開が。

    いやー、びっくりだよ。

    ロータスのキミ・ライコネンが、
    トップだよ。

    タイヤ交換の戦略を他チームと変えて、
    それを完璧にこなす。

    そんな我慢なレースは、
    キミ・ライコネンらしくないぞ、
    と思っていましたが、
    ラスト二週目にしっかりファステストラップをたたき出すあたり、
    さすが元祖ファステストラップ男。

    俺が一番速いという自己顕示欲の塊。

    それを見てやっぱりキミ・ライコネンだよ、
    と思いましたね。

    まずは初戦をかって、
    いいスタートを切りましたが、
    シーズンは始まったばかり。

    優勝はキミ・ライコネン。

    二位には、フェルナンド・アロンソ。

    三位にセバスチャン・ベッテル。

    表彰台には、
    三人のワールドチャンピオンが並びました。

    今年は、ストップ!セバスチャン・ベッテルが誰になるのか、
    それとも、セバスチャン・ベッテルの四連覇なのか。

    日本人ドライバーも日本の自動車メーカーも参戦していませんが、
    F1の楽しさは変わっていませんよ。

    2013 FORMULA 1 ROLEX AUSTRALIAN GRAND PRIX

    Provisional Results
    Pos_No_______Driver______________Team________LapsTime/Retired_GridPts
    17Kimi RäikkönenLotus-Renault581:30:03.225725
    23Fernando AlonsoFerrari58+12.4 secs518
    31Sebastian VettelRed Bull Racing-Renault58+22.3 secs115
    44Felipe MassaFerrari58+33.5 secs412
    510Lewis HamiltonMercedes58+45.5 secs310
    62Mark WebberRed Bull Racing-Renault58+46.8 secs28
    715Adrian SutilForce India-Mercedes58+65.0 secs126
    814Paul di RestaForce India-Mercedes58+68.4 secs94
    95Jenson ButtonMcLaren-Mercedes58+81.6 secs102
    108Romain GrosjeanLotus-Renault58+82.7 secs81
    116Sergio PerezMcLaren-Mercedes58+83.3 secs15
    1218Jean-Eric VergneSTR-Ferrari58+83.8 secs13
    1312Esteban GutierrezSauber-Ferrari57+1 Lap18
    1417Valtteri BottasWilliams-Renault57+1 Lap16
    1522Jules BianchiMarussia-Cosworth57+1 Lap19
    1620Charles PicCaterham-Renault56+2 Laps22
    1723Max ChiltonMarussia-Cosworth56+2 Laps20
    1821Giedo van der GardeCaterham-Renault56+2 Laps21
    Ret19Daniel RicciardoSTR-Ferrari39+19 Laps14
    Ret9Nico RosbergMercedes26+32 Laps6
    Ret16Pastor MaldonadoWilliams-Renault24Spin17
    Ret11Nico HulkenbergSauber-Ferrari0Fuel System11

    Note - Pic failed to meet 107% requirement. Raced at stewards' discretion.





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー