F1 2013 Round.7 カナダGP

    日本との時差が大きいので、
    ライブで見るのがちょっと大変なカナダGPです。

    このグランプリは、
    セーフティーカーが出る確率が非常に高いグランプリです。

    コースのセーフティーエリアが少なく、
    壁で囲まれているので、
    コースオフしてクラッシュでもしたら間違いなくセーフティーカーが出ます。

    そんなわけで、
    過去何度も予選一番をとっているのに優勝していないドライバー、
    レッドブルのセバスチャン・ベッテル。

    セーフティーカーだけでなく、
    天候がレースに与える影響も大きいという印象があります。

    最後の最後でジェンソン・バトンに抜かれたグランプリも天候に泣かされたと言っていいかもしれません。

    今回も決勝までは、
    雨でまともにドライな状況で走れないグランプリになりました。

    と言うわけで、
    予選ポールは、セバスチャン・ベッテル。

    決勝は晴天で、
    グランプリウィークで初めて見る爽快なジル・ビルヌーブサーキットでしたね。

    二番手には、
    カナダGPマイスターとでも言うべき、
    ルイス・ハミルトン。

    そして、
    三番手には、バルテッリ・ボッタスですよ。

    今季これまでいいところのないウィリアムズで、
    一人元気にがんばっている新人です。

    すばらしいですねぇ。

    マシン的に決勝はつらいだろうなぁ、
    と思っていたら案の定。

    結果は、14位でした。

    バルテッリ・ボッタスには、速いマシンに乗せてあげたいなぁ。

    どんな走りを見て諾くれるんでしょうね。

    と言うわけで、
    優勝はセバスチャン・ベッテル。

    今回はセーフティーカーも入らず、
    天気も順調。

    いつもの逃げの一手で危なげなく勝利をモノにしました。

    そして、二位にはなんとフェラーリのフェルナンド・アロンソです。

    すばらしい走りでしたね。

    予選6番手からの追い上げで、
    フェルナンド・アロンソらしい走りを見せてくれました。

    三番手は、メルセデスのルイス・ハミルトン。

    ブレーキのフィーリングにお悩み中とのことで、
    この順位には、満足しているのかしていないのかわかりませんね。

    チャンピオンシップとしては、
    キミ・ライコネンの存在も忘れてはいけないのですが、
    今回は、いいところなしって感じでした。

    それでも確実にポイントを取っているところは、
    さすがです。

    次回は、またヨーロッパに戻って、
    伝統のイギリスGP

    楽しみですねぇ。

    FORMULA 1 GRAND PRIX DU CANADA 2013

    Pos_No_______Driver______________Team________Laps__Time/Retired_GridPts
    11Sebastian VettelRed Bull Racing-Renault701:32:09.143125
    23Fernando AlonsoFerrari70+14.4 secs618
    310Lewis HamiltonMercedes70+15.9 secs215
    42Mark WebberRed Bull Racing-Renault70+25.7 secs512
    59Nico RosbergMercedes70+69.7 secs410
    618Jean-Eric VergneSTR-Ferrari69+1 Lap78
    714Paul di RestaForce India-Mercedes69+1 Lap176
    84Felipe MassaFerrari69+1 Lap164
    97Kimi RäikkönenLotus-Renault69+1 Lap102
    1015Adrian SutilForce India-Mercedes69+1 Lap81
    116Sergio PerezMcLaren-Mercedes69+1 Lap12
    125Jenson ButtonMcLaren-Mercedes69+1 Lap14
    138Romain GrosjeanLotus-Renault69+1 Lap22
    1417Valtteri BottasWilliams-Renault69+1 Lap3
    1519Daniel RicciardoSTR-Ferrari68+2 Laps11
    1616Pastor MaldonadoWilliams-Renault68+2 Laps13
    1722Jules BianchiMarussia-Cosworth68+2 Laps19
    1820Charles PicCaterham-Renault67+3 Laps18
    1923Max ChiltonMarussia-Cosworth67+3 Laps20
    2012Esteban GutierrezSauber-Ferrari63Accident15
    Ret11Nico HulkenbergSauber-Ferrari45Accident damage9
    Ret21Giedo van der GardeCaterham-Renault43Accident21

    Note - Grosjean qualified 19th; penalised 10 grid spots for causing collision at previous round. Raikkonen and Ricciardo qualified ninth and tenth respectively; penalised two grid spots each for pit-exit infringements.





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー