F1 2013 Round.9 ドイツGP

    タイヤトラブルで直前まで色々と慌ただしかったドイツGPです。

    ポールポジションは、
    メルセデスのルイス・ハミルトン。

    すばらしい走りでしたが、
    予選後から決勝は難しいと言っていたとおり、
    厳しいレースになりました。

    2番手にレッドブルのセバスチャン・ベッテル。

    母国GPと言うことですが、
    ワールドチャンピオンを三回もとっているのですが、
    ドイツでは勝っていません。

    ホント、母国GPというのは、
    特別で勝てる人はすんなり勝てるのですが、
    勝てない人は勝てませんからねぇ。

    故アイルトン・セナもブラジルでは中々勝てませんでしたから。

    と言うことで、
    結果から言うと優勝です。

    もう終盤、ラストのロータスのキミ・ライコネンとの争いは、
    実に見応えがありました。

    もちろん、キミ・ライコネンが勝てるのか、
    と言うところを楽しみに観ていたんですけどね。

    まぁ、この辺の走りはさすがキミ・ライコネンって感じです。

    何にしても母国GP優勝おめでとうって感じです。

    観客も大喜びでしたし。

    やはり、自分の国のドライバーやチームが勝つというのは、
    いいもんですよ。

    さて、3位は、
    ロータスのロメ・グロジャンです。

    あー、予選三番手はレッドブルのマーク・ウェバー。

    スタートもすばらしく、
    ピットストップで失敗しなければ、
    結果は良いところで終わったんじゃないでしょうか。

    タイヤが外れてピットにいたカメラマンに直撃したので、
    大変な事故になりました。

    カメラマンは怪我なかったんでしょうかね。

    打撲だけなら良いけど。

    予選で言えば、
    フェラーリが決勝を見据えてのタイヤを選び、
    フェルナンド・アロンソは、
    さすがにうまく走りきって、
    4位フィニッシュ。

    フェリペ・マッサは、ギヤトラブルなのか、
    ブレーキなのかわかりませんが、
    あっという間にリタイヤして終わってしまいました。

    結果的にマクラーレンのジェンソン・バトンはうまくやましたね。

    決勝6位で、マシンの調子を考えると、
    さすがジェンソン・バトンって言えるでしょうね。

    さて、次はハンガリーGPですか。

    FORMULA 1 GROSSER PREIS SANTANDER VON DEUTSCHLAND 2013

    Provisional Results
    PosNo______Driver______________Team________LapsTime/Retired_GridPts
    11Sebastian VettelRed Bull Racing-Renault60Winner225
    27Kimi RäikkönenLotus-Renault60+1.0 secs418
    38Romain GrosjeanLotus-Renault60+5.8 secs515
    43Fernando AlonsoFerrari60+7.7 secs812
    510Lewis HamiltonMercedes60+26.9 secs110
    65Jenson ButtonMcLaren-Mercedes60+27.9 secs98
    72Mark WebberRed Bull Racing-Renault60+37.5 secs36
    86Sergio PerezMcLaren-Mercedes60+38.3 secs134
    99Nico RosbergMercedes60+46.8 secs112
    1011Nico HulkenbergSauber-Ferrari60+49.8 secs101
    1114Paul di RestaForce India-Mercedes60+53.7 secs12
    1219Daniel RicciardoSTR-Ferrari60+56.9 secs6
    1315Adrian SutilForce India-Mercedes60+57.7 secs15
    1412Esteban GutierrezSauber-Ferrari60+60.1 secs14
    1516Pastor MaldonadoWilliams-Renault60+61.9 secs18
    1617Valtteri BottasWilliams-Renault59+1 Lap17
    1720Charles PicCaterham-Renault59+1 Lap22
    1821Giedo van der GardeCaterham-Renault59+1 Lap20
    1923Max ChiltonMarussia-Cosworth59+1 Lap21
    Ret18Jean-Eric VergneSTR-Ferrari22+38 Laps16
    Ret22Jules BianchiMarussia-Cosworth21+39 Laps19
    Ret4Felipe MassaFerrari3+57 Laps7

    Note - Pic qualified 19th, but takes five-place grid penalty for gearbox change.





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー