遊星からの物体X ファーストコンタクト 【2011年製作:映画】

    ジョン・カーペンター監督作品「遊星からの物体X」の前段の物語になります。

    南極の氷の中から宇宙船と物体Xを見つけた話ですね。

    これが中々良く出来ていましたね。

    この映画でもキチンと誰が物体X(宇宙人なんだけどね)に寄生されたのか分からない状況が上手く演出されていました。

    やっぱりこのテーマで作ってくれないと、
    って感じですよ。

    で、
    物語の流れは良かったので、
    後半は、
    この物語からどうやって「遊星からの物体X」に繋がっていくのかという所に興味が移っていきました。

    主人公的立場の女性科学者がいるのですが、
    この女性科学者は、
    「遊星からの物体X」には登場しません。

    そして、
    問題のノルウェー基地も全滅したことになっています。

    と言う事は、
    この主人公の女性は、
    死んでしまうのか。

    とかとか、
    あまり書いてしまうとネタバレになっってしまうので書きません。

    全体的に良く出来ていたので、
    あまり文句を書くつもりもありませんが、
    後半の宇宙船での戦いは、
    映画としての盛り上がりは良かったのですが、
    ジョン・カーペンターの「遊星からの物体X」を尊重するなら入らなかったなぁ、と。

    ノルウェー基地だけで物語を完結させて欲しかったなぁ、と。

    でも、
    まぁ、
    女性を主人公にしてつじつまを合わせるためには致し方なかったのか、
    と観終わってから思いましたね。

    それも些細な事。

    この映画を観た後、
    すぐにジョン・カーペンターの「遊星からの物体X」(DVD持っているんで)を見ました。

    いやー、
    「遊星からの物体X ファーストコンタクト」がいかにこだわって作っていたかがよく分かりましたね。

    驚いたのは、
    物体Xにやられたノルウェー基地の隊員達の死体。

    これが、
    「遊星からの物体X」で配置されていた死体とほぼ同じなんですねぇ。

    位置だけではなく、
    主だったモノの死体の状況まで同じになるように殺されているんです。

    いやー、
    実に素晴らしい。

    そこまでしているのですが、
    残念なことに犬を追跡するヘリコプターの機種が違うんですよ。

    もう手に入らなかったんでしょうね。

    でも今のCG技術なら何とかなったような気もするけどな。

    まぁ、
    そんなこんなで、
    是非この映画を観たらジョン・カーペンターの「遊星からの物体X」もあわせてご覧くださいな。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション エイリアン 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー