クリスティーン 【1983年製作:映画】

    スティーヴン・キングの小説が原作の「クリスティーン」です。

    監督は、ジョン・カーペンター

    アチキは、
    スティーヴン・キングの名前は、
    映画を見に行った時に知ったと言う感じで、
    どちらかというと、
    ジョン・カーペンター監督だから見に行った作品ですな。

    で、
    最近、ジョン・カーペンターの映画を観る機会が多かったので、
    ネタにもしていないので、
    「クリスティーン」も改めて観ることにしたんですよ。

    いやー、やっぱ面白いわ。

    原作者がどう評価しているかはしりませんが、
    (あまり自分の原作の映画を褒めていることはないので、
    これもきっと褒めていないでしょう)
    アチキ的には、
    良かったですよ。

    いじめられっこの少年が、
    1958年型のに魅せられて、
    購入して修理を始めてからおかしくなっていきます。

    この旧につけた名前が「クリスティーン」といいます。

    最初の頃は、
    手に入れてから人が変わり、恋人も出来て、
    良い方に流れていると思われたのですが、
    次第に「クリスティーン」への執着が強くなり、
    しまいには、、、。

    この「クリスティーン」は、
    持ち主を不幸にする呪われたで、
    その秘密を知っても購入した少年は気にせずにに愛情を注ぎ込みます。

    変貌していく少年を心配する友人は、
    どうしたモノかと思案し、
    最終的にはを破壊することに。

    きっと小説では、
    の虜になっていく少年の心理描写とかが巧みに画かれているんでしょうね。

    映画では、
    その部分は実にあっさりしていて、
    「クリスティーン」の怖さに趣を置いている感じです。

    「激突!」ほどの怖さはないけど、
    「クリスティーン」も良い感じで怖いですよ。

    と言うわけで、
    興味があったら是非暇な週末にでもご覧になって観てくださいな。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画 ジョン・カーペンター スティーヴン・キング

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re: No title

    コメントありがとうございます。

    > 昔のメガテンによく出ていた外道クリス・ザ・カーって、
    > この洋画が元ネタ、みたいな話を聞いたことがあります。

    似ているなぁ、とは思っていましたが、
    そうだったんですねぇ。

    となれば、メガテンファンとしては、
    観るべきでしょう(^_^)

    No title

    昔のメガテンによく出ていた外道クリス・ザ・カーって、
    この洋画が元ネタ、みたいな話を聞いたことがあります。
    私も見てみようかなあ。
    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー