ソイレント・グリーン 【1973年製作:映画】

    原作はハリイ・ハリスンの小説「人間がいっぱい」です。

    と言うわけで、
    「ソイレント・グリーン」の事を書くのですが、
    ちょっとネタバレしてしまいますので、
    興味があって見ようと思っていた方は、
    ここから先読まないでください。

    まぁ、簡単に映画の内容を言うと、
    人がいっぱいで食料が不足して、
    新たな食料として配給されている「ソイレント・グリーン」の秘密に迫るというお話し。

    アチキが、
    ハリイ・ハリスンの小説「人間がいっぱい」を知ったのは随分昔で、
    TVで見て知ったんですよ。

    どんな番組かは憶えていないのですが、
    そこでハリイ・ハリスンの小説「人間がいっぱい」の紹介をしていて、
    ストーリーボードを使って、
    物語を大筋を紹介していたんですね。

    もちろん、
    最後のオチまで。

    そのオチが、
    小学生だったアチキには、
    やはりインパクトがあって、
    いまだに憶えていたというわけです。

    物語は、
    人口爆発で、
    まさに人間がいっぱいで、
    食料が足りない。

    そこへ、
    ある企業が開発した缶詰が、
    とても美味くてベストセラーに。

    人工的に作られたという肉の缶詰なんですが、
    その原料がなんと、
    人間だったというお話し。

    そんなインパクトのあるハリイ・ハリスンの小説「人間がいっぱい」の映画が存在するというのを知ったのは、
    これまた随分昔で、
    いつか観ようと思っていて、
    やっとこ最近(と言っても半年以上前ですけど)になって見る事が出来たんですよねぇ。

    で、映画の方ですが、
    缶詰ではなく、
    「ソイレント・グリーン」という乾パンのようなスナックのようなモノになっていて、
    なんか、
    生々しさがなくて、
    実に残念でした。

    あんな緑色のスナックの原料が人間だと言われてもねぇ。

    とは言え、
    アチキは原作の小説を読んだことがないので、
    (これまたいつか読んでみようとは思っているのですが)
    映画の方が正解で、
    アチキが昔見たTVの方が間違っているか、
    アチキの記憶違いである可能性もあるので、
    真偽について、
    原作を読んでからと言うことで。

    是非、
    この映画はリメイク、
    と言うか、
    原作の良さを活かしてアレンジしても良いから今の技術で作って欲しいなぁ。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 動画 チャールトン・ヘストン

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー