テルマエ・ロマエ 【2012年製作:実写:映画】

    興行成績も良く、
    評判も良かった映画「テルマエ・ロマエ」です。

    映画化が決まる前からマンガは評判になっていて、
    機会があれば読んでみようと思ったまま、
    今日現在まで読んでいません。

    ちろつとコンビニで最初の方を立ち読みはしたけどね。

    でも、
    ほんのちょっとです。

    さて、
    映画の話。

    阿部寛は、
    お気に入りの俳優さんです。

    なんか、
    それだけでも楽しめそうな感じです。

    一応、
    簡単に映画の内容を説明しておきましょう。

    知らない人もいると思うので。

    古代ローマのいわゆるお風呂を建築する設計士の人が主人公です。

    この主人公を阿部寛が演じています。

    この設計士さん、
    最近落ち目で、
    斬新なお風呂はないかと日夜考えています。

    それこそ、
    奥さんが寝取られてしまうほどに。

    そんなとき、
    風呂の排水溝に吸い込まれて、
    出てきたところは、
    なんと、
    日本のお風呂場。

    そこで、
    現代のお風呂の色々なモノを体験して、
    それを古代ローマに持ち帰って再現すると、
    たちまち大盛況。

    何度か、
    日本を訪れては、
    アイデアを盗み、
    ローマで実践すると言うことを繰り返します。

    で、
    日本に行くたびに遭遇するのが、
    漫画家志望で、
    実家は温泉宿を経営している娘。

    このヒロインを上戸彩が演じているというわけですな。

    いやー、
    上戸彩ってホント胸デカイですな。

    と言ってもサービスシーンがあるわけではないです。

    まぁ、
    そんな感じで、
    前半は、
    ローマと日本を往き来する話で、
    おもしろいのですが、
    後半は、
    ちょっとシリアスな展開になり、
    アチキ的には、
    イマイチな感じでしたね。

    映画としての盛り上がりを作ろうとしたのでしょうが、
    イマイチでした。

    とは言え、
    まったく駄目というわけでもないので、
    最後まで楽しく見る事は出ましたけど。

    興味があれば、
    暇な週末にでもレンタルしてみてくださいな。

    レンタル代分以上は楽しめると思いますよ。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 日本映画
    ジャンル : 映画

    tag : コメディ 時代劇 タイムトラベル 動画 阿部寛 上戸彩 竹内力

    trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    『テルマエ・ロマエ』(2012) - THERMAE ROMAE -

    新しいアイデアに悩む古代ローマの浴場設計士が現代日本の銭湯にタイムスリップ。以前から少し気になりつつも邦画か~、邦画だもんな~、と観ないでいたが、WOWOWでやっていたのを機

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー