真・女立喰師列伝 【2007年製作:映画】

    映画「立喰師列伝」のネタである「立喰師」を再びネタにして、
    押井守以外の人も製作したオムニバス映画「真・女立喰師列伝」です。

    オムニバス作品だけあって、
    バラエティに富んだ映画になっています。

    ですが、
    強烈な個性はなりを潜めてしまい、
    そう言うのが好きな人には、
    ちょっと残念な映画となっています。

    そして、
    一本一本が、
    インディーズ映画という感じで、
    これまた監督の個性が出ていて、
    それでもエンタテインメントを狙った作りは評価できるのですが、
    やはり一派ネタという感じはどうしても否めませんる

    まぁ、この辺はね物理的な問題が大きいですからね。

    と言うわけで、
    「立喰師」という側面にあまりこだわらずに、
    映画として見るのなら、
    「真・女立喰師列伝」は、
    実に一般的な作品で、
    押井守のファン以外の人も楽しめる作品です。

    全ての作品が楽しめるかどうかは、
    分かりませんが、
    一本くらいは楽しめたり、お気に入りになったりするのかな。

    「荒野の弐挺拳銃 バーボンのミキ」や「Dandelion 学食のマブ」なんかは、
    一般の人でも楽しめるわかりやすい内容です。

    その二つは、
    押井守ではないんですけどね。

    押井作品は「金魚姫 鼈甲飴の有理」と[ASSAULT GIRL ケンタッキーの日菜子」があり、
    特に「金魚姫 鼈甲飴の有理」に関しては、
    導入一発目と言うことで、
    「立喰師列伝」の流れ組んでいて、
    実に押井守らしい作品でした。

    まぁ、そんな感じで、
    いくら一般的とは言え、
    やはり押井守のファン以外の人には、
    あまりお薦め出来ないかな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : 日常 コメディ アクション 時代劇 犯罪 動画 押井守 水野美紀

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Re: No title

    コメントありがとうございます。

    「紅い眼鏡」はDVD持っています。ついでに続編の「ケルベロス」も。

    ロケ地の映画館がお近くだったんですね。ちょっと調べちゃいました。
    まだ残っていたら聖地になって……いないな。そういうファン層ではない気がするから。
    アチキも知ったからと言ってわざわざ行かないと思うし。近くに行ったら寄ってみようとは思うけど。

    でも調べたらその映画館って伊藤和典の実家だったんですね。
    ちょっと驚きました。実家が映画館を経営していたことに。

    トキワ館 - 山形県上山市にあった伊藤和典の実家の映画館。1990年代に休館、現在は閉鎖されている。
    ※ウィキペディアより転載

    No title

    赤い眼鏡は劇場でみました。ロケで使われた映画館は地元です。ご覧になりましたか?
    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー