セガサターン

    名機。

    以上。


    コレだけで終われば、言うことなしなんだけどなぁ。

    メインCPUを2つ持っている、
    ゲームマシンなんて後にも先にもコレだけだろうなぁ。
    コスト的に考えても出るとは思えないし。

    並列処理。

    要するに、プログラムの処理を分散して違った命令を同時に処理すること。
    (ちょっと説明が強引!?)

    一人でやるより二人でやる方が、
    仕事の能率が上がるでしょう。

    それは、コンピュータも同じ。

    今のはやりは、
    グラフィックチップなので、
    セガサターンは、とってもかわいそうでしたねぇ。
    (プレイステーションなんかワークステーション並のチップ搭載していたし)

    なにしろ専用のグラフィックエンジンを持っていなかったからなぁ。

    それも3D用の。

    スプライト機能は、抜群だったんだけどねぇ。

    だから、セガサターンのゲームソフトは、
    プログラマーの力量がそのまま出るハードだったんだよねぇ。

    わかりやすかったなぁ。

    並列処理で一番の問題は、
    タイミングだと思うんですよね。
    要するに、、、、止めよう。
    あまり突っ込んだこと書いても理解してくれる人が少ないから。

    でね、2つのCPUを使いこなしているメーカーさんて少なかったなぁ。
    尚かつセガサターンにはコプロセッサがあって、
    こいつは浮動小数点の演算を行ってくれるんだけど、
    こいつもしっかり使いこなしているメーカーさんは少なかったなぁ。

    それでね、CDロムドライブを制御するチップも搭載していて、
    ローディングなんかも制御できるんだけど、
    使いこなしているところはほとんどなかったなぁ。

    勿論、サウンドプロセッサも搭載していて、
    こちらはみなさん結構つかいこんでいましたねぇ。

    まぁ、他にもなんやかんやとあるんですが、
    まぁ、良いでしょう。

    セガサターン最大の悩みどころ、3D表示。

    こいつは、プレイステーションやドリームキャスト、ニンテンドウ64、
    なんやかんやとあるゲームマシンには3Dを表示させるための専用のチップがあるんで、
    なぁ~んも問題ないんですが、
    セガサターンには、そんなのありません。

    3D表示は、ソフトウェアで、
    言葉を換えるならプログラミングで動かすのです。

    う~~~~ん、なんかこう書くと間違ってとられそうだなぁ。

    Mac上でWindowsのOSを動かすのと同じことをする。
    と、かくとやっぱり誤解されるなぁ。

    そば屋にラーメンを作らせるようなもんなんだよね。

    俺は、そんな仕事できねぇぞぉぉぉ、といっている人に「まぁ、まぁ、こうすれば、ほら、できるじゃん」
    なんて、言う人がいればそば屋でもラーメンは作れるわけです。

    そのやり方を教えてくれる人を、
    セガサターンには必要で、
    プレイステーションには必要ないのです。

    プレイステーションには、ラーメン屋さんがあるから。

    まぁ、そんなこたぁ、どーでもいい。

    ゲーム機は、遊べるソフトがあってなんぼの世界ですから。

    と、言うわけで、セガサターンには、名作いっぱい。

    RPGなら何はなくとも「グランディア」でしょう。
    「デビルサマナー」なんてのも、いいね。
    「アゼル」もいいし、「シャイニングフォース」もいいね。
    そーそー、「リンダキューブ 完全版」を忘れちゃ駄目ね。

    シューティングなら「バーチャコップ1、2」「ハウス・オブ・ザ・デッド」「ガングリフォン1、2」「レディアントシルバーガン」「バルクスラッシュ」「パンツァードラグーン1、2(ツヴァイ)」などいろいろ。

    アクションなら「ナイツ」に「バーニングレンジャー」「プリンセスクラウン(これはアクションRPGか
    )」
    う~~ん、アクションゲームは、あまりやらないから、
    ほかしらねぇなぁ。

    アドベンチャーなら「クロス探偵」ほかになんかあったような、
    ないような。

    格闘ゲームなら「ヴァンパイアハンター」「バーチャファイター2」「デッド・オア・アライブ」他にもあったけかなぁ。

    シミュレーションなら、
    「ギレンの野望」「ダービースタリオン」「Jリーグ プロサッカークラブを作ろう2」。

    まぁ、ええ。

    セガサターンは、いいぞー。

    今なら四千円で買える。

    ソフトは、売っていれば数百円で買える。

    プレイステーションやドリームキャストのゲームソフト一本買うのと同じ値段でセガサターンとゲームソフトが買える。

    なんて、すばらしいハードなんだぁ。

    ちなみに、うちのセガサターンは今でも元気に動いています。

    只今「スーパーロボット大戦F完結編」を、
    気が向いたときにやっています。

    なげ~~~んだ、このゲーム。

    ちなみに、スーパーファミコンも、気が向いたときに動いています。

    死んでいるのは、ファミコンくらい。

    誰かがゲームには旬があるといっていたけど、
    「旬」ものにしているのは、
    ゲームを生み出しているメーカーなんだと言うことを、
    メーカーさん自体が理解していないと駄目ね。

    「おまえ、今頃そんなゲームやってるの」なんて言うのは、
    小学生とゲームオタクだけ。

    これから、子供は減って大人がいっぱいになる世の中になっていくんだから、
    大人がゆっくり遊べるゲームを作れるところは、
    生き残っていくんだろうなぁ。

    「シーマン」なんて、良い例じゃない。

    では、「シーマン 2001年対応版」であいましょう。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG STG ACG AVG セガ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー