ミスタードリラー 【ドリームキャスト版】

    いやー、今回は始めに言っとくけど、ないようないよ。

    なんて、くだらないことを書いてしまうくらい、
    何を書いていいのやら。

    でも、書かずにはいられない。
    と、いうよりみんなに教えたい。

    FF(ファイナルファンタジー)なんてやっている場合じゃないよ。

    と、いってもあんなに売れているのに、
    まわりに誰も買ってやっている人間がいないのは何故?

    いったいどんな人が買っているんだろう?

    不思議だ。

    裏をかえせば、ゲームなんて所詮そんなものよ。
    映画「タイタニック」がヒットした時なんて、
    そこら中の人が「タイタニック」を観ていたもんなぁ。

    そんなこたぁ、どーでもいいのです。

    「ミスタードリラー」、サイコーです。

    昔ながらのゲームらしいゲームで感激です。

    と、言ってもファミコンの頃のゲームではありません。

    時代的には、あっているんでしょうが、
    わたしが言いたいのは、
    昔、風営法で規制される以前のゲームセンターと呼ばれていた頃のゲームです。

    不良のたまり場とかしていた薄暗いゲームセンターで、
    テーブル型ゲームをピコピコやっていた頃のゲームです。

    「インベーダー」に始まり、
    「パックマン」、
    「平安京エイリアン」、
    「ディグダグ」、
    等々、
    言い出したらきりがないのでこの辺で止めときますが、
    そんな時代のゲームの雰囲気を持っているのです。

    このミスタードリラーは。

    一人で黙々とハイスコアーを目指していた時代から、
    面クリアを目指していた時代へと世のゲームは移り変わり、
    ゲームの種類も飛躍的に増えていった時代のゲーム。

    そんな、懐かしさを感じさせるのがミスタードリラーなんですね。

    でも、昔を知らない人でもしっかりと遊べます。

    ルールも簡単。

    基本がパズルゲームですから。

    落ち物パズルにアクションの要素を取り入れたゲームって言う感じです。

    カラフルなブロックをドリルで壊して地下へと突き進むゲームです。

    単純だから面白いのよねぇ。

    暇つぶしのつもりが、
    気がつくとリトライボタンを押しているのよね。

    ミスして死ぬと、
    えぇぇいくそー、ともう一回。

    うまく掘り進むことが出来ると、
    よしよしもっといけるぞ、ともう一回。

    カラフルなブロックも同じ色が四つ以上重なると消えてなくなります。

    コレがうまくいくと、気持ちいいくらい連鎖してくれて、
    とっても爽快。

    落ちてくるブロックを右に左によけながら突き進んでうまくいったときの快感。

    たまらんですなぁ。

    惜しむらくは、対戦プレイが出来ないことかな。

    ちなみに、わたしはドリームキャストでプレイしてます。

    ちなみに、ナムコが手がけてます。

    ちなみに、1000mまで行ったことがありません。

    とってもナイスなゲームです。

    やっぱり買うならドリームキャスト版でしょ。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : PZG バンダイナムコ 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー