F1 2009 Round.16 ブラジルGP

    遂にワールドチャンピオンが決定しました。

    シーズン当初の快進撃がウソのように後半苦労したブラウンGPのジェンソン・バトンが初の栄冠です。

    バトンも苦労したレース人生ですからね。
    喜びもひとしおではないかと。

    デビュー当時はいずれチャンピオンになる逸材と言われ、
    華々しいF1デビューシーズンを送り、
    その後、チームと言うよりもマシンに恵まれず、
    やっと手に入れた栄冠。

    今年のバトンはワールドチャンピオンにふさわしい走りを見せてくれました。

    確かにポイント的には100ポイントに届かないかもしれませんが、
    金持ちチームでもないプライベーターがシーズンを戦うことの難しさは誰もが知っており、
    シーズン序盤のアドバンテージを生かし、
    不利なレースを最少失点に押さえる走りで勝ち得た勝利ですから、
    去年のハミルトンのワールドチャンピオンとは価値が違いますよ。

    レース前は最終戦でもつれるかなぁ、
    と思ったんですけど、
    結果、相手の不運にも恵まれて確定しました。

    チャンピオンが表彰台にいないという形でしたが、
    これはこれで良かったんではないかと。

    確かに、三位以内で決めてれば申し分ないわけですが、
    さすがにそれほどの速さはブラウンGPには無かったですからね。

    スタートポジションから考えれば、
    良く決められたなぁ、
    というのが本音ですね。

    土曜日の雨でめちゃめちゃになり、
    決勝は晴れ。

    予選から晴れていれば、
    ハミルトンやベッテル、ウェーバーあたりが優勝かと思っていたのですが、
    特にハミルトンには期待していたんですけど、
    残念、スタートが17番手と後方スタートでしたからね。

    それでも戦略と走りで表彰台をゲットしたわけですから、
    予選の雨が悔やまれます。

    そんなわけで、
    荒れたブラジルGPですが、
    一番エキサイトしたのは、
    トゥルーリとスーティルのドライバー対決ですか。

    いきなり激怒したトゥルーリがスーティルに掴みかかって、
    あわや乱闘かと思ったんですけど、
    トゥルーリの一方的な剣幕にスーティルたじたじって感じでしたね。

    それから今回スポット三戦が決まった小林可夢偉ですが、
    ルール的に問題がある走りはしていたようですが、
    ルーキーらしいアグレッシブな(一歩間違えれば無謀な)走りで、
    十分f1関係者にアピール出来たんではないでしょうか。

    来年はちょっと難しいかもしれませんが、
    再来年くらいにはトヨタのシートに(トヨタが参戦してていれば)乗せてもいいんではないかな、
    と思いましたね。

    今回のグランプリは実に見所満載で、
    楽しいグランプリでした。

    今シーズンもあと一戦を残すのみです。

    ワールドチャンピオンも(ドライバー、コンストラクターともにブラウンGP)決まって、
    後はドライバーたちの張っちゃけた走りをアブダビGPで観られるとうれしいですね。

    はじめてのコースというか開催国ですから、
    何が起こるかわかりませんが、
    楽しみです。




    決勝結果
     
    順位No.ドライバーチームトータルタイム周回平均速度 (km/h)最高位
    114マーク・ウェーバーRBRルノー1:32'23.08171198.6751
    25ロバート・クビサBMWザウバー1:32'30.70771198.4022
    31ルイス・ハミルトンマクラーレン・メルセデス1:32'42.02571197.9983
    415セバスチャン・ベッテルRBRルノー1:32'42.73371197.9732
    522ジェンソン・バトンブラウン・メルセデス1:32'52.08671197.6402
    64キミ・ライッコネンフェラーリ1:32'56.42171197.4875
    712セバスチャン・ブエミSTRフェラーリ1:32'59.07271197.3933
    823ルーベンス・バリチェッロブラウン・メルセデス1:33'08.53571197.0591
    910小林可夢偉トヨタ1:33'26.40571196.4313
    103ジャンカルロ・フィジケラフェラーリ1:33'33.74671196.1749
    1121ビタントニオ・リウッツィフォース・インディア・メルセデス1:33'34.46971196.1488
    122ヘイッキ・コバライネンマクラーレン・メルセデス1:33'36.58071196.0756
    138ロマン・グロージャンルノー1:32'24.92670195.8116
    1411ハイメ・アルグエルスアリSTRフェラーリ1:32'31.63370195.57410
     17中嶋一貴ウィリアムズ・トヨタアクシデント30187.1693
     16ニコ・ロズベルグウィリアムズ・トヨタギアボックス27184.6632
     6ニック・ハイドフェルドBMWザウバー燃料切れ21180.32010
     20エイドリアン・スーティルフォース・インディア・メルセデスアクシデント00.000-
     9ヤルノ・トゥルーリトヨタアクシデント00.000-
     7フェルナンド・アロンソルノーアクシデント00.000-









    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー