F1 2000 Round.11 ドイツGP

    フリー走行、予選と波乱に富んだ週末だった。

    予選なんて、予選スタート間際から雨が降り出してきて、
    まるで決勝レース並に大渋滞。

    おかげで、フェラーリのバリチェロとジョーダンのフィレンツェンは、
    予選終了ぎりぎりまで107パーセントルール(トップタイムから107%以上のタイムの場合予選落ち)に引っかかって、
    あわや予選落ちするところでした。

    辛くも、18位と19位という不本意ではありましたが、
    何とか予選通過。

    そして、本番。

    決勝も、雨の予報が高い確率で出ていたので、
    各チームウエット対策に余念がありませんでした。

    ホッケンハイム・リンクは、
    F1グランプリ開催サーキットの中で一番アベレージスピードが高い高速サーキットです。

    1kmを越すストレートが四本もあり、
    一番長いストレートで1.6kmもの長さがあります。
    なので、各マシーンとも超高速セッティングです。

    フロントとリアのウイングは、
    一番小さいので、
    尚かつスポンサーロゴが正面から見ても読めないくらい寝かしている状態。
    ダウンフォース(空気の力で車体を地面に押さえる力のこと)なんて、
    あってないようなもの。

    たぶん、F1がもつ本来のスピードというのを実感できる数少ない、
    いや、唯一のサーキットと言ってもいいかもしれません。

    決勝での最高速度は、
    フェラーリのバリチェロが出した361キロ。
    他のチームもトップスピードが、350キロ~330キロですから、
    ほんとウイングが逆向いていれば空飛びますね。

    まさにF1は世界最速のレーシングマシーンですね。

    ホンダさんも、このサーキットなら何とか上位をキープして運が良ければ、
    優勝なんて、
    シーズン前はわたし的に考えていたんですが、
    予選も雨、決勝も上位をキープできずに終わってしまいました。

    しかし、リカルド君、あんた何やってるのっっ(怒)
    ビルヌーヴ先生にヒットして、ビルヌーヴ先生をあわやリタイヤに追い込み、
    そのまま順位をキープしていればまだ許せますけど、
    リタイアですからねぇ、
    最悪。

    リカルドは今年で解雇だな。
    わたしがオーナーなら。
    実際そうなりそうだし。
    ビルヌーヴくんも、もう一緒に走りたくないと言っているし。

    さて、決勝。

    またまたやってくれましたシューマッハくん。
    ベネトンのフィジケラに追突されて、
    スタート直後の第一コーナーでコースアウト。

    一周も回ることなくレース終了。

    俄然ドライバーズ・チャンピオンシップの行方が面白くなってきました。

    予選結果がめちゃくちゃだったために、
    一位と二位のマクラーレン以下が大混戦。

    直線が長いせいもあって、
    速い車は、ビシバシ前の車を追い抜いていきます。

    勿論、我らがBAR・ホンダを駆るビルヌーヴくんも切れ味良く、
    アウトから抜いていく勇姿を見せてくれたりしました。

    イヤー、あの走りが出来るって事は、
    いい感じでマシンができあがっているみたいだねぇ。
    シャーシのバランスも良くなってきているみたいだし、
    ブレーキング時の挙動も安定してきたし、
    いいね、いいね、
    来年が楽しみだね。

    さてさて、決勝は何はともあれバリチェロくんです。

    レース後半、サーキット内に観客が入り込んでセーフティカーが導入されてから、
    もー、大変。

    しまいには、雨まで降ってくるし(これは予想されていたことだけど)。
    困ったことに、サーキット全体に雨が降らなかったから始末が悪い。

    しかし、あまりの豪雨でほぼすべての車がウェットタイヤに履き替えるほど。

    そう、一人だけ(本当はもう一人いたけど途中でいなくなったので割愛)ドライタイヤのまま走るドライバ
    ーが、
    その名もバリチェロ。

    雨のバリチェロと言われるほど、
    雨での走りには定評があるバリチェロがドライタイヤのまま走りきったのです。

    ブラジル人初のフェラーリでの優勝。
    セナにあげたかったなぁ、この勲章は。

    バリチェロは、表彰台の一番上で泣いていました。

    フェラーリでの優勝。

    これは神様がくれたプレゼントだったのでしょう。

    シューマッハがいる限り、優勝することが出来ないバリチェロ。

    決勝後のコメントで、バリチェロは言っていました。

    「今日は、僕が主役なんだ」そう言い聞かせて走っていたと。

    そう。

    シューマッハがいなくなり、
    フェラーリは、バリチェロを優勝させようとがんばってくれる。

    シューマッハの前で走っていても、
    決してシューマッハより前でゴールすることは許されないバリチェロ。

    しかし、今日だけは、
    このレースだけは、
    誰よりも速く走ることで、
    誰からも文句を言われずにチェッカーをうけることが出来る。

    そして、みんなから祝福される。

    F1グランプリを戦っているマシンで、
    マクラーレンと同等に優勝することが出来る速いマシンに乗っていても優勝することが出来ないドライバー、バリチェロ。

    そんな、彼が、
    表彰台の一番上で号泣している姿を誰が笑うことが出来るだろう。

    けっしてかっこいいとはいえない、
    バリチェロの顔が今日だけは、
    サイコーにかっこよく見えた瞬間でした。




    決勝結果..
    順位No.ドライバーチームトータルタイム周回平均速度 (km/h)最高位
    14R.バリチェッロフェラーリ1:25'34.41845215.3401
    21M.ハッキネンマクラーレン・メルセデス1:25'41.87045215.0281
    32D.クルサードマクラーレン・メルセデス1:25'55.58645214.4561
    410J.バトンウイリアムズ・BMW1:25'57.10345214.3934
    517M.サロザウバー・ペトロナス1:26'01.53045214.2094
    618P.デ・ラ・ロサアロウズ1:26'03.49845214.1284
    79R.シューマッハウイリアムズ・BMW1:26'05.31645214.0526
    822J.ビルヌーブBAR・ホンダ1:26'21.95545213.3657
    96J.トゥルーリジョーダン・ムゲン-ホンダ1:26'25.31945213.2262
    107E.アーバインジャガー・コスワース1:26'54.08245212.0505
    1121G.マッツァカーネミナルディ・フォンドメタル1:27'03.92245211.65110
    1215N.ハイドフェルトプロスト・プジョー電装系(完走扱い)40213.91910
     5H-H.フレンツェンジョーダン・ムゲン-ホンダ電気系39215.8753
     19J.フェルスタッペンアロウズスピンアウト39215.1056
     23R.ゾンタBAR・ホンダコースアウト37217.0884
     20M.ジェネミナルディ・フォンドメタルエンジン33217.8089
     12A.ブルツベネトン・プレイライフスピンアウト31217.2019
     16P.ディニスザウバー・ペトロナスアレジと接触29220.45713
     14J.アレジプロスト・プジョーディニスと接触29220.40213
     8J.ハーバートジャガー・コスワースギアボックス12225.6945
     3M.シューマッハフェラーリフィジケラと接触00.0000
     11G.フィジケラベネトン・プレイライフM・シューマッハと接触00.0000











    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー