感染列島 【2008年製作:映画】

    ウイルスによるパンデミックを描いた日本の映画になります。

    公開時の宣伝はよく見ていたので、
    タイトルは知っていました。

    まぁ、
    相変わらず邦画のアチキのイメージはそれほど良くないので、
    あまり期待せずに見たんですけどね。

    邦画の大作映画を見るよりも海外のB級映画を好んで見るアチキなので、
    アチキの趣味が変わっていると言うことを理解してくださいな。

    さて、
    結論から言うと、
    結構おもしろかったです。

    期待していなかったせいもあるかもしれませんが、
    最後までおもしろく見ることが出来ました。

    パンデミック映画には、
    大きく二つの流れがあると思うんですよ。

    一つは、
    パニックを前面に出した展開で、
    中には終末論的に見せていったりしますが、
    現象だけを追っていく内容。

    もう一つは、
    感染源を特定していく内容。

    ミステリー的なおもしろさとかをうまく出せると、
    とてもおもしろくなる内容ですな。

    「感染列島」は、
    この感染源を特定していく部分がメインになっています。

    結構リアリティのある展開で、
    ハリウッド的な金をかけた見せ方が難しいパンデミック映画としては、
    良くできていたのですが、
    荒廃した都市の描写は、
    あまりにも演出しすぎていて、
    せっかくのリアリティが台無しになっていて、
    残念でしたね。

    2時間超えの作品ですが、
    それほど中だるみせず、
    キチンと結論を持って行ったのは良かったんではないかな。

    厳しいことを言えば、
    海外に発生源があるのを突き止めるまでの下りが、
    ちょっとたるかったかな。

    出来過ぎと言われようが、
    その辺は、
    映画としてのテンポを意識しても良かったのかも。

    まぁ、
    何はともあれ、
    良くできた作品でしたよ。

    興味があってまだ見ていない方は、
    暇な週末にでも是非ご覧になってみてくださいな。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ 医者 パンデミック 動画 妻夫木聡 佐藤浩市 嶋田久作

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー