ディアトロフ・インシデント 【2013年製作:映画】

    TSUTAYA DISCUSの解説では、
    「1959年、スキーで極寒のウラル山脈を越えようとした9人の登山グループがディアトロフ峠周辺で遭難する。やがて遺体は、そのいずれもが説明のつかない不可解な状態で発見される。」
    と言う内容の実際に起きた事件を元にした映画となっています。

    と言うわけで、
    映画を観た後に、
    実際の事件をちょっとググって調べてみました。

    なるほどね。

    これは、
    また映画や小説などの題材にもってこいのミステリーな事件だな、と。

    と言うことで、
    映画の内容ですが、
    いわゆるフェイクドキュメンタリーとなっています。

    実際の事件を調べようとした男女5人のアメリカ人クルーの話です。

    最初の方は、
    フェイクドキュメンタリーにありがちな、
    ちょっと退屈な時間が流れていきます。

    そして、
    後半に入っていくと、
    なんだか良い感じになってきて、
    後半からラストに向けては、
    何というか、
    ちょっと行き過ぎた感じの展開になりました。

    ここまでやるなら、
    フェイクドキュメンタリーにしなくても良かったんじゃないかなぁ、
    と言うくらい、
    すごい展開です。

    後で調べたディアトロフ事件に、
    死体の状況で、
    肌の色云々の話があり、
    あぁ、これが元になって、
    こういう展開を考えついたのかぁ、
    と納得はしました。

    フェイクドキュメンタリーでなければ、
    もっと違った演出にもなったであろうし、
    もっと良い感じになったのではないかなぁ、と。

    そんなわけで、
    アチキ的には、
    多少の不満はありましたが、
    良い感じの映画でした。

    もし興味があったらご覧になっても良いかもしれません。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー