F1 2014 Round.16 ロシアGP

    初開催のロシアGPです。

    国をあげてのグランプリです。

    いかにも共産圏って感じですよ。

    現在、色々と問題があるロシアですからね。

    開催するに当たっても政治的な話とかもあったりして、
    ちょっと残念な感じでした。

    どの位、国が力を入れているかというと、
    プレゼンターにプーチン大統領が登場するくらいですからね。

    凄い力の入れようです。

    さて、
    政治的なことは置いといて、
    レースの話。

    相変わらずメルセデスは速いです。

    今回のグランプリでは、
    コンストラクターズのチャンピオンが決まるかどうかと言う大事なグランプリ。

    予選では、
    ルイス・ハミルトンがポール。

    二番手にニコ・ロズベルグ。

    三番手には、
    成長著しいウィリアムズのバルテリ・ボッタスです。

    いやー、バルテリ・ボッタスは、
    しっかりチャンスを掴んで結果につなげていますよね。

    何しろ、
    予選では、あわやポールだったんじゃないかという走りでしたからね。

    若さが出たのかなぁ。

    それがまたいいんだけどね。

    さて、決勝ですが、
    一週目にニコ・ロズベルグがルイス・ハミルトンに仕掛けるも、
    タイヤロックをさせてコースアウト。

    無事に戻るもタイヤを傷めてピットイン。

    今回は、タイヤのたれがほとんど無いと言うことで、
    まさかの残りの周回を1セットタイヤで走りきる戦略に。

    まさかねぇ、
    と思っていたが走りきってしまいましたよ。

    走りきるだけじゃなくて、
    最後までタイヤが持ってベストラップも刻めるんですから、
    なんなんですかね、ホント。

    ファーステストラップは、
    最後の最後で、
    バルテリ・ボッタスが持って行きましたが、
    ニコ・ロズベルグの走りも光っていましたよ。

    最初のミスがなければ、
    ルイス・ハミルトンといい勝負が出来たかもしれないですね。

    まぁ、ニコ・ロズベルグ以上にルイス・ハミルトンの方が、
    素晴らしかったですけど。

    優勝はルイス・ハミルトン。

    このままの調子で最後まで言ってしまう感じの走りでした。

    二位には、
    ニコ・ロズベルグ。

    なんか、いまいちな感じになってきましたね。

    三位には、
    バルテリ・ボッタス。

    今シーズン中にポディウムの真ん中に立てるといいですね。

    さて、
    フェラーリのフェルナンド・アロンソと、
    レッドブルのセバスチャン・ベッテルですが、
    盛り上がっているのは、
    コース外だけという感じでしたね。

    特にセバスチャン・ベッテルはね。

    次戦は、
    アメリカです。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : レース GP

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー