チャンネルはそのまま! ―HHTV北海道★テレビ 1巻 【マンガ】

    佐々木倫子氏の漫画です。

    久々に佐々木倫子氏の漫画を読みました。

    「月館の殺人」以来ですなぁ。

    「月館の殺人」はネタにしたことなかったかな。

    まぁ、とりあえず「チャンネルはそのまま! ―HHTV北海道★テレビ」のことでも。

    タイトルから連想できるようにTV局が舞台です。

    主人公は、明るいだけが取り柄の雪丸花子で、
    普通なら採用にならないはずが、
    「バカ枠」として採用され、報道局に回されることに。

    当然、本人は「バカ枠」など知らないし、
    そういうのがあると知っても自分のことだとは思わない天然ぶり。

    自分なりに一生懸命精一杯仕事を頑張っているのですが、
    失敗やとんちんかんな事ばかりして、
    中にはそれがうまくはまることもあれば、
    全然駄目なこともある。

    でも読んでいてほほえましい気にはなる。

    アチキの感性とは違う所もあるので、
    爆笑モノとはいかなかったが、
    とっても楽しかったのは事実。

    まだ1巻だというのが残念。

    早く続きが読みたいです。

    佐々木倫子氏の漫画はやはり吹き出しの外にある台詞が絶妙ですよ。

    そこを読んでクスクスしてしまうのですね。

    ローカル局が舞台なので、
    いい意味でほのぼのとした感じがとってもマッチしているマス。

    アチキも仕事で何度か北海道のTV局に行ったことがありますが、
    報道の部署には行ったことがないので漫画のような雰囲気なのかは、
    さすがに分かりませんでしたねぇ。

    ただ東京にあるキー局の方々のように上から目線の方はほとんどいませんでした。

    まぁ、東京からわざわざ来ていただいたお客様という感じもあったのかもしれないですけど。

    まぁ、そんな漫画とは関係ない話はおいといて、
    本題へ。

    と、言ってももう書くことないなぁ。

    あえておもしろいと感じたのは、
    雪丸花子の採用試験の話かな。

    焼き芋屋の事よりも、
    テスト前に大福?を食って糖分をとる有為に、
    雪丸花子という人物の全てが表れているのがおかしかったなぁ。

    なんか育ちが分かるというか、何というか。

    別に悪いと言っているのではなくて、
    実に良い感じなのよ。

    ほんと、素朴というか、ほのぼのしているというか。

    一発で雪丸花子を好きになってしまいましたね。

    こういうキャラを画かせたらさすがに上手いです。

    男女問わず楽しめる漫画ですから是非手にとって読んでください。

    でも一番おもしろかったのは、
    巻末のWiiで遊ぶ作者の姿だったのだが、
    本編のことではないので敢えて参考までに記しておこうと思う。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : マンガ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 佐々木倫子 日常 TV局 コメディ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー