陰謀のセオリー 【1997年製作:映画】

    メル・ギブソンジュリア・ロバーツサスペンス映画。

    ジュリア・ロバーツは、あまり好きじゃないけど、
    メル・ギブソンは、マッドマックス以来のファンなので、
    そんな人にはお勧めです。

    ちょっとおまぬけなメル・ギブソンは、
    一生懸命ニヒルになるのを押さえている感じがしてとってもいいです。

    それというのも、役柄がとっても中途半端な感じなんですよね。

    政府陰謀説を、
    お客に力説しているタクシードライバーの役なんですけど。

    タダのほら吹きなのかというとそうでもなくて、
    観てもらえば分かるんですけど、
    「トータル・リコール」よろしく、
    記憶をなくされた政府のエージェントぽい感じなんですよ。

    なんだか、やたらに裏の世界に詳しかったり。
    住んでいる部屋の凝りようとか、
    ただの陰謀マニアの領域を超えていたりするんですよ。

    で、結局は、ただ陰謀に巻き込まれた、
    ただのタクシードライバーというまったくもって、
    なんだよー、
    といいたくなってしまう中途半端な役柄なんですね。

    だから司法省の弁護士であるジュリア・ロバーツとのラブロマンスも、
    なんだか味気ないモノになってしまうのです。

    と、不満はこの辺にしといて、
    けっこう面白くて私好きなんですよ。

    瓢箪から駒。

    犬もあるけば棒に当たる。

    風が吹けば桶屋が儲かる。

    ???。

    まぁ、なんにしろ、
    メディアの情報を鵜呑みにしていては駄目だよ。
    と、この映画は教えているのです。

    ほんとかな?

    この映画の主人公みたいに、
    何でもかんでも政府の陰謀説にするのもなんですが、
    まぁ、一般大衆のメディアに対する信頼性は、
    どこから来ているんでしょうかね。

    広告は、嘘。

    分かっているのに、みんな騙されるし。

    同じように、大新聞社が書いている記事だって、
    本当のことかどうかなんて、
    書いた本人にしか分からないのですから。

    テレビだって同じです。

    一個人が発信する情報と、
    マスメディアが発信する情報では、
    どちらが本当のことを伝えているんでしょうかね。

    棚からぼた餅。

    いろいろ書いてきましたけど、
    とってもスーパーマンなタクシードライバーを見たかったら、
    ぜみ「陰謀のセオリー」をご覧下さい。

    満足できると思います。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 アクション 日常 サスペンス メル・ギブソン ジュリア・ロバーツ リチャード・ドナー 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー