機動戦士ガンダム 【小説】

    ガンダムですよ、ガンダム。

    「機動戦士ガンダム」ですよ。

    私はもろにガンダム世代なんですよね。

    なのに今まで全然取り上げられなかったな。

    不思議だ。

    で、一発目は小説の「機動戦士ガンダム」について。

    アニメの監督であり原作を担当していた富野喜幸(現:富野由悠季)が自ら書いた小説です。

    コレがまた朝日ソノラマという所から出ていたんですが、
    あっ、今も出ているか、
    ジュブナイルだと思うんですよ。

    だけど、とてもとても、難しいことが書いてあります。

    アニメを見てこの小説を読むとちょっと違うと思うでしょう。

    でもね、私好きなんですよ。

    TVアニメとは全然違うんですね、ストーリー。

    まず、ホワイトベースは、地球に降りない。

    アムロくんとセイラさんが一発やっちゃうし(失礼)

    アムロくん死んじゃう。

    ホワイトベースのクルーは、サイド3まで行く。

    ほーら、全然違うでしょ。

    ホワイトベースだって一度撃沈されてしまって、
    二番艦ペガサスに乗り換えるんですよ。

    ここまで違うと読んでいて面白いですよ。

    サイコー。

    全三巻。

    アッというまです。

    アチキが、始めて買ったときは「機動戦士ガンダム」として1巻で終わっていたのですが、
    後に、続きが出て2巻、3巻となって、
    だからアチキが最初に持っていた「機動戦士ガンダム」の1巻には、
    1巻だという表記がないんですよ。

    まぁ、それくらい後から人気になったと言うことでしょう。

    実際、おもしろいんですよ。

    TVシリーズが終わって、映画になって、
    映画の三作目にはこの小説のいいところが反映されて、
    とってもいい作品になったくらいですから。

    ミリタリー色が強くなったんですよね。

    もともと「機動戦士ガンダム」はスーパーロボットアニメですから、
    それがロボットよりも人間ドラマとしての評価が高くなって、
    その後、あの世間を騒がしたガンプラのブームとなるわけです。

    この人間ドラマの評価が、
    後の「機動戦士ガンダム」を変えていったと思うんですよ。

    「機動戦士ガンダム」だけじゃないですね。

    ジャパニメーションを作り上げてきたんだと思います。

    さて、小説の話。

    基本的な登場人物や物語の進行は、TVアニメの設定です。

    中盤、ホワイトベースが地球に降下しない展開から、
    がらっと小説版ガンダムの真価発揮です。

    1巻で終わったのを続けたからこうなったという気もしますけど。

    何度も書きますが、
    ミリタリー色が強いんですよ、小説版は。

    雰囲気で言うとアメリカのベトナム物に近い雰囲気はあります。

    ただし日本人の作家なので、感覚的には第二次世界大戦の感じかな。

    ニュータイプと戦争

    この二つが柱になっているのでしょう。

    ただ本来は「人と戦争」なんでしょうけど。

    ヒューマニズム的な話やエゴイスティックな話がいやだったんでしょうね。

    それに当時の(今でもそうだけど)若者に「人」とはなんぞや。
    戦争」とはなんぞや、
    と言ったところで相手にされないから、
    人に代わる新しい人を誕生させてその「人」を使って「人」を語っているような気がするんですよ。

    「ニュータイプ」

    すばらしいね。

    単純な造語なんだけど、
    ここまでインパクトのある言葉はなかなか作れませんよ。

    おっと、ちょっと脱線してしまいました。
    詳しくはいずれまた書くとして。

    小説の話。

    そうなのです。

    小説のアムロくんは、
    アニメではないのでとっても大人です。

    ガンダムに搭乗する経緯も全然違いますから。

    何しろセイラさんと一発、、、、、セイラさんの毛をお守りにしようとしたり。

    どこの毛かは詳しく書けませんが、カイくんがご教授していました。

    なんだ、おまえ持っていないの?
    と自慢げにカイくんアムロくんに話していました。

    そう。カイくんも持っていたんですね。

    いやー、戦争に行く兵隊さんのジンクスなんですけどね。
    お守りの話。

    やっぱり感覚的な古いですよね。
    そのお守りの話を持ち出してくるところなんざ。

    でも、まぁ、なんて言うんですか、
    「機動戦士ガンダム」は戦争を描いているんだと作者は言いたかったのかもしれませんな。

    このお守りの話は、私以上にしつこく作中で語られます。

    アムロくんが死んだのも、
    このお守りを持っていなかったからみたいだし。

    まぁ、一度でも「機動戦士ガンダム」のアニメを見たことがある人なら、
    楽しく読めると思いますよ。

    見たことがない人には、ちょっとつらいかも。

    何しろキャラクターへの感情移入度が違いますから。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF ロボット 戦争 ミリタリー ちょいエロ 富野由悠季

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー