魔法戦士リウイ 紅炎のバスタード 【マンガ】

    「魔法戦士リウイ」のマンガです。
    全6巻です。
    物語の基本は、小説の方が元になっています。
    まぁ、当然と言えば当然か。
    原作は水野良氏であるのだから。
    そして、何よりキャラクターデザインが、
    横田守のデザインと遜色がないと言うこと。
    この手のコミカライズって、画の質が極端に悪くなることがあって、
    とても読むに耐えないモノが存在するので、
    普通にキチンとなっているだけでもすごいと思ってしまいます。

    ジーニは美人になっているし、
    ミレルは大人っぽくなってているし。
    でも、作者が女性なので、
    演出というかなんというか女性らしい「魔法戦士リウイ」になっています。
    それが悪いといっているのではありません。

    アチキとしては、少々こそばゆい感じではありましたが、
    良くできていました。

    漫画を読んでいて思うのは、
    やっぱりリウイは成長過程というか失敗ばっかりしている荒削りなキャラの時の方が、
    成長して立派になってしまったリウイより全然よいなぁ、と。

    冒険者らしい、エピソードの方がおもしろいと思うし。

    漫画のラストをよんでも、冒険者リウイだよなぁ、と思ってしまうのです。

    小説ではアイラとミレルの二人が宣言をして三角関係になっていますが、
    アチキとしてはジーニやメリッサを無理にその中から外すことはなかったのではと思うのです。
    ハーレム状態でいいじゃない、と思うのよねぇ。
    なんで一歩引いてしまうのか、つまらんです。
    漫画は、アニメ同様そんな恋愛物語はないから普通に楽しめたけどね。
    小説はいただけないです。

    それにしても漫画だけのマスコットキャラクターが登場するのですが、
    全然意味のないキャラクターになってしまいましたなぁ。
    無理に活躍の場を与えている感じで、どうしようもなかったです。

    ヘタをすりゃ、キャラクターデザインの横田守氏の画よりも
    細雪純氏の画の方が色っぽかったりするからなぁ。

    なのでもう少し漫画は漫画で突っ走って欲しかったですよ。
    全6巻じゃ足りないよ。



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : マンガ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ファンタジー 水野良 横田守

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー