F1 2000 Round.16 日本GP

    行ってきましたよ、鈴鹿。

    選挙の仕事をほっぽりだして。

    予選と決勝みてきました。

    フリー走行とかも見たかったなぁ。

    私が見たのは、シケインがかろうじて見える最終コーナーの席です。

    マルボロの看板が邪魔していてピット作業が見えないのがとっても残念。

    凄いです。

    生音サイコーです。

    予選の時は、イヤープラグをせずに聞いていたのですが、
    たまりませんなぁ。

    いい音だと感じたのは、ホンダとメルセデスベンツ。

    次点でフェラーリと無限。

    以外に良かったのがジャガーとアロウズ。

    サイテーなのは、ミナルディ。

    このチームだけF1エンジンを積んでいませんでした。

    最終コーナーの立ち上がりからシフトアップして行くのですけど、
    いい音のエンジンは、いい感じでシフトアップしてましたね。

    ただ、BARはエンジンのパワーをかけるタイミングが遅い。

    こまっちゃうくらいおそい。

    ラインも他のチームに比べて攻めきれていない。

    曲がらないシャーシを目の当たりにして、
    涙が出そうになりました。

    エンジンだけは、トップ3に入るくらいいい出来だったのに。

    しくしくしくしく。

    レースは、フェラーリのミハエル・シューマッハが優勝し、
    ワールドチャンピオンを決めました。

    フェラーリドライバーがドライバーズチャンピオンを獲得するのは、
    実に21年ぶりのことです。

    まつたくもって凄い盛り上がりでした。

    日本でコレだから、イタリアはもっと凄かったでしょう。

    予選トップのシューマッハは、
    スタートでハッキネンに抜かれてどうなるかと思いきや、
    いつもの頭脳的なレース戦略で終盤にトップに返り咲きです。

    スタートの様子は、
    レース場の大型ビジョンで見ていたのですが、
    シューマッハのスタートのタイミングはそんなに悪くなかったので、
    コレは明らかにエンジンのせいですな。

    フェラーリのエンジンも昔に比べればフラットトルクになったような気がしますが、
    メルセデスやホンダと比べるとまだまだ下が薄です。

    テレビではエンジン音がスポイルされていていまいち良く聞き分けることが出来なかったのですけど、
    生音はいいね。

    はっきり違いが分かるよ。

    シフトのタイミングもばっちし分かるし、
    アレを経験するとまた行きたくなっちゃうよなぁ。

    そーそー、
    今回は、レースの話は二の次だから、
    あくまで鈴鹿観戦の話がメインです。

    ハッキネンとシューマッハのワールドチャンピオン争いは、
    私的には二の次で、やっぱりホンダさんがんばれ状態です。

    だから終盤でラルフ・シューマッハがリタイヤしたときには思わず喜んでしまいました。

    ラルフがいなくなって、ジャックくんが見事6位入賞。

    ぱちぱちぱち。

    表彰式の時、みんなが表彰台を見ている時に、
    私はコースアウトしたラルフのマシンがピットレーンを運ばれてくるのを見て思わず拍手してしまいました。

    ありがとう、ラルフ。

    せっかく応援に来たのに入賞もしないようじゃ話にならないからな。

    さて、今日は帰ったら録画しておいたビデオでも見て細かいところをチェックしないとね。



    決勝結果..
    順位No.ドライバーチームトータルタイム周回平均速度 (km/h)最高位
    13M.シューマッハフェラーリ1:29'53.43553207.3161
    21M.ハッキネンマクラーレン・メルセデス1:29'55.27253207.2451
    32D.クルサードマクラーレン・メルセデス1:31'03.34953204.6631
    44R.バリチェッロフェラーリ1:31'12.62653204.3164
    510J.バトンウイリアムズ・BMW1:31'19.12953204.0735
    622J.ビルヌーブBAR・ホンダ1:30'01.65252203.0926
    78J.ハーバートジャガー・コスワース1:30'02.56552203.0588
    87E.アーバインジャガー・コスワース1:30'04.12752202.9995
    923R.ゾンタBAR・ホンダ1:30'46.20252201.4319
    1017M.サロザウバー・ペトロナス1:31'08.84652200.5979
    1116P.ディニスザウバー・ペトロナス1:31'15.64652200.34813
    1218P.デ・ラ・ロサアロウズ1:31'16.83052200.30411
    136J.トゥルーリジョーダン・ムゲン-ホンダ1:31'20.27952200.17811
    1411G.フィジケラベネトン・プレイライフ1:31'20.80252200.15914
    1521G.マッツァカーネミナルディ・フォンドメタル1:31'31.65151195.92015
     20M.ジェネミナルディ・フォンドメタルエンジン46199.12915
     9R.シューマッハウイリアムズ・BMWスピン41204.1874
     15N.ハイドフェルトプロスト・プジョーサスペンション41194.76813
     12A.ブルツベネトン・プレイライフスピン37198.56312
     5H-H.フレンツェンジョーダン・ムゲン-ホンダハイドロ29203.8778
     14J.アレジプロスト・プジョーエンジン19202.95710
     19J.フェルスタッペンアロウズ電気系9196.38410











    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー