F1 2000 Round.17 マレーシアGP

    シーズンが始まる前に、
    私がグランプリの予想をしたのを憶えておいででしょうか。

    ドライバーズチャンピオンは、シューマッハ。

    当たりました。

    コンストラクターズチャンピオンは、マクラーレン。

    はずれました。

    いやー、今年のグランプリは開幕前から思っていたとおりセカンドドライバーの優劣で決まりました。

    バリチェロ、おまえは凄かった。

    こんなにもフェラーリで走れるとは思わなかったぞ。

    バリチェロのおかげで、シューマッハもチャンピオンになれたし、
    コンストラクターのタイトルも取ることができたのです。

    ぱちぱちぱち。

    なんだか、レースの話の前に今年の総括になってしまったなぁ。

    いやいや、マレーシアGPとっても面白かったです。

    予選は、長岡で飲んでいたので見ることができなくてとっても残念でした。

    レースはフェラーリのミハエル・シューマッハが完勝。

    ハッキネンも良かったのですが、
    フライングを取られてあえなく戦線離脱。

    驚異的な追い上げは見せてくれましたが、
    セナのようにはいきませんでしたなぁ。

    そして、今回のグランプリ最大の見せ場は、
    追い上げてきたマクラーレン・ハッキネンのマシンとBAR・ビルヌーブくんのマシンとのバトルです。

    バトル。

    と、言ってもいいでしょう。

    今までなら、タダのブロッキングでしかなかったのですが、
    いい感じでバトルしてました。

    エンジンだけなら、ほんと負けてません。

    結局、曲がらないマシンのおかげで抜かれてはしまいましたが、
    なかなか面白かったですよ。

    あのまま最後まで粘っていれば、
    コンストラクターズでBARは四位になれたのに。

    しくしくしくしく。

    まぁ、それでも去年最下位のチームが、
    ホンダエンジンを載せただけでコンストラクターズ五位ですから凄いものです。

    ほんと、来年がとっても楽しみです。

    わくわく。

    最終戦。

    なんかとっても寂しかったです。

    観客もそれまでのグランプリと違い空席が目立っていたし。

    オーストラリアが最終戦の時は、
    コンストラクターズやドライバーズチャンピオンが決まっていても、
    お祭りみたいに楽しげな雰囲気があったのに。

    来年は、日本GPが最終戦だからマレーシアみたいな寂しいグランプリにはなって欲しくないなぁ。

    F1サーカスが来るのだから、みんなで楽しまなきゃ

    たとえすべてのチャンピオンシップが決まっていたとしても。




    決勝結果..
    順位No.ドライバーチームトータルタイム周回平均速度 (km/h)最高位
    13M.シューマッハフェラーリ1:35.54.23556194.1991
    22D.クルサードマクラーレン・メルセデス1:35.54.96756194.1741
    34R.バリチェッロフェラーリ1:36.12.67956193.5781
    41M.ハッキネンマクラーレン・メルセデス1:36.29.50456193.0161
    522J.ビルヌーブBAR・ホンダ1:37.04.92756191.8423
    67E.アーバインジャガー・コスワース1:37.06.80356191.7804
    712A.ブルツベネトン・プレイライフ1:37.23.54956191.2313
    817M.サロザウバー・ペトロナス1:36.00.70555190.5178
    911G.フィジケラベネトン・プレイライフ1:36.04.75555190.3838
    1019J.フェルスタッペンアロウズ1:36.11.38655190.1644
    1114J.アレジプロスト・プジョー1:36.57.47255188.65811
    126J.トゥルーリジョーダン・ムゲン-ホンダ1:37.16.29355188.04912
    1321G.マッツァカーネミナルディ・フォンドメタル1:29.37.01950185.55613
     8J.ハーバートジャガー・コスワースサスペンション48189.7524
     23R.ゾンタBAR・ホンダエンジン46189.9954
     9R.シューマッハウイリアムズ・BMWオイルシステム43187.69113
     20M.ジェネミナルディ・フォンドメタルメカニカルトラブル36186.60113
     10J.バトンウイリアムズ・BMWエンジン18185.22010
     5H-H.フレンツェンジョーダン・ムゲン-ホンダ電気系7161.4218
     18P.デ・ラ・ロサアロウズクラッシュ00.000 
     15N.ハイドフェルトプロスト・プジョークラッシュ00.000 
     16P.ディニスザウバー・ペトロナスクラッシュ00.000










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー