スターシップ・トゥルーパーズ 【1997年製作:映画】

    どっちから先に書こうか迷っていたんですけど、
    まずはみんなが知っている映画の方から書くことにしました。

    「宇宙の戦士」は次回だね。

    まさに、ビバ・アメリカって感じの映画です。

    舞台が宇宙になってエイリアンと戦っているだけの映画です。

    あれが、地球が舞台だったらまんまベトナム映画です。

    ベトコン相手に戦うアメリカ海兵隊。

    最後は勝利し、ハッピーエンド。

    アメリカ人が大好きな映画です。

    昔のベトナム映画のノリをそのまま宇宙にもっていった感じの作りです。

    爽快だよね。

    でも原作と比べるとちょっとなぁ、って感じ。

    なんといってもパワードスーツが出てこないのがいかん。

    原作は身体のまわりを機械に覆われていて、
    その棺桶みたいな中で戦っている話がとても良かったのに。

    いまのCG技術ならそのくらい簡単にできるだろうにめちゃくちゃその部分を期待していたのに。

    残念。

    あちね、なんといっても主人公とその彼女のプラトニックな恋愛がなくなってしまったのがとっても残念。

    原作では、ジョニーが死んだと思っていたら実は生きていて、
    ハッピーエンドだったのに。

    それがなくなってなんだか良くわけの分からない三角関係になって、
    とってもチープな人間ドラマになってしまったのがとってもいや。

    あれだったらいっそのこと、
    アクションバリバリの映画にして欲しかったなぁ。

    そして、最後まで敵の正体が分からないようにして欲しかった。

    なぜだか分からないけど、
    宇宙人が攻めてきたので戦っている。

    そんな感じの方が良かったよなぁ。

    へんてこなエイリアンのボスなんかを登場させるくらいならね。

    「デューン砂の惑星」にも出ていたんじゃないの、
    あのエイリアン。

    なんて冗談はおいといて。

    この映画を面白いと思った人は、原作を読まないように。

    全然、違うから。

    オバカ映画って感じではあるけど、
    それは戦争をメディアがとらえたときに感じるものをユーモアたっぷりに描いているからそう見えるだけ。

    間違いなく、この映画はエンタテインメントなアメリカ万歳、
    ビバアメリカって感じの映画です。

    勧善懲悪。

    銃を撃ちまくって、それこそゲーム感覚。

    原作はネタだけを拝借した感じ。

    あんなにアクションバリバリの爽快感は全然ないから。

    まぁ、その辺の話は、
    次回の「宇宙の戦士」で書くことにしましょう。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF スペースオペラ ミリタリー デニース・リチャーズ ポール・バーホーベン ロバート・A・ハインライン 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー