エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー 【プレイステーション2版】

    まさか、このようなスピンオフ作品が登場するとは思わなかったなぁ。

    「エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー」は、
    「エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー」の中に出てきたベルカ戦争時代のゲームです。

    たぶん、「エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー」で、
    物語否定派の純粋にフライトシューティングゲームファンから色々と言われて作ったゲーム、
    みたいな感じのモノになっています。

    たぶん、制作側でもシューティングゲームとしての追求と物語も含めた現行の流れのどちらを次にしたらいいのか悩んでいたんでしょうね。

    だから、思いっきりシューティングに振った作品を作ったんでしょう。

    その結果が「エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー」というわけですね。
    ゼロというナンバリングも原点回帰みたいな印象を受けるものなぁ。

    アチキとしては、プレイする前は目指せエースパイロット、って感じの設定は実に良かった。

    3つのエースというのも中々よかった。

    しかしなぁ、ミッションにメリハリがなくなってきてしまったのはどうしようもないのかなぁ。

    ラスボスのミッションもどうかとおもうしなぁ。

    確かに良くできているのです。

    さすがナムコ、さすが「エースコンバット」って感じです。

    しかし、目指せエースって感じじゃないし。
    当然、物語も中途半端だし。

    コンセプトは理解できるけど、
    総合力では「エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー」の価値って感じでしたね。

    ミサイル無しのドッグファイトや、敵の行動パターンに個性を持たせて、
    色々な敵のエースと戦うという部分をもっと強調しても良かった気もするなぁ。

    機体の性能さではなく、パイロットの技量をゲームに反映することが出来たらすごいのに。

    例えが悪いけど、麻雀ゲームの打ち筋がそれぞれ違うみたいな感じで、
    パイロットにも個性があればねぇ、同じドッグファイトでも違うモノを感じ取れるくらいになれば、
    それはそれでおもしろいと思ったのに。

    それともすでに取り入れられていて、
    アチキがそう感じとれないだけなのかな。

    「エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー」も、
    なんだかんだいっておもしろいわけで、
    どのタイプのエースになるのかも興味があったし、
    別のタイプのエースになるためにがんばったりしてみたりと、
    ゲームとして十分堪能させて頂きました。

    シリーズみんなに言えることですが、
    それぞれのソフトが個性を持っているので、
    自分にあった「エースコンバット」を見つけてみ楽しいと思いまっせ。








    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : PlayStation2
    ジャンル : ゲーム

    tag : STG ミリタリー 戦争 バンダイナムコ 戦闘機 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー