鉄子の旅 プラス 【マンガ】

    連載が終了して、コミックももうでないと思っていたのに、
    出てしまいましたね「鉄子の旅 プラス」ですよ。

    知らない人のために、簡単に説明すると、
    まったく鉄道に興味がない漫画家菊池直恵とJR私鉄全駅を下車した鉄道オタク横見浩彦が、
    横見浩彦氏の案内で、一般人には到底考えつかないような過酷な鉄道の旅をルポしたマンガ、
    それが「鉄子の旅」です。

    いやー、この存在を知ったときは、
    ちょーはまりましたよ、そのおもしろさに。

    鉄道に興味がなくても、十分その内容で楽しませてくれます。

    実際、このマンガはどこまで脚色しているんだろうと思ってしまうほど、
    おもしろい。
    尚かつ、ネタではなくて全て事実だと言うことでおもしろさ倍増。

    友人・知人に勧めまくったもんなぁ。

    過酷な鉄道の旅はちょっと遠慮するとしても、
    漫画を読んでいてちょっとそこに行ってみたいなぁ、
    と思わせるだけの魅力は持っています。

    まだどこにも行ったことはないけど、
    紹介されている鉄道もどんどん廃線になっているので、
    行こうと思ったときにはなくなってしまっているかもしれないけど、
    鉄道オタク(通称テツ)ではないし、なれるとも思えないけど、
    それでも鉄道の魅力を感じることが出来るマンガ「鉄子の旅」です。

    作者菊池直恵の唯一の楽しみの駅弁も簡単に紹介されていたりしているのですが、
    駅弁だけで漫画になったりするのに、この「鉄子の旅」では、誰が何食った程度の紹介しかない。

    そう、この漫画は鉄道で移動して、旅の目的は「駅」を観ること。
    その「駅」を降りたら何があるとかは関係ない。
    「駅」そのものが目的という、テツにしか理解できないような話。

    そんな旅に実は色々なゲストが巻き込まれていたりするのです。
    タレントの眞鍋かをりやフジテレビの笠井アナウンサーなどなど、
    それでも旅の趣旨を変えないところが菊池直恵氏のすごいところ。

    その「鉄子の旅」(作者が年齢的な体力の限界を感じて)連歳終了から、
    アニメ化になったり、鉄道ブームぽくなってきたりと、
    世間が騒がしくなってきて、連歳が終わったのに鉄道関係の仕事が入ってくる日々を綴ったのが、
    「鉄子の旅 プラス」です。

    まぁ、一種のファンBookみたいな感じかな。
    「鉄子の旅」を読んだことがない人には、さっぱり訳の分からんマンガだし。
    でも、「鉄子の旅」に一度でも触れておもしろいと思った方には、
    楽しめる漫画であることは間違いないです。


    ■eBookJapanでも「鉄子の旅 プラス」のダウンロード販売しています。

    ◆「鉄子の旅」ダウンロード購入はこちら



    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : マンガ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 横見浩彦 鉄道 日常 オタク コメディ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー