ミスト 【2007年製作:映画】

    原作スティーヴン・キングの映画です。

    観た印象から言うと、
    SFホラーって感じですか。

    原作の小説ではラストが違うらしいのですが、
    アチキは小説を読んでいないので分かりませんが、
    映画のラストは実によかった。

    スティーヴン・キングらしい終わり方なのかは、
    分かりませんけど、
    アチキ的には、
    スティーヴン・キングらしいラストだと感じましたね。

    物語は、
    とある田舎町で、
    何処にでもいる感じの親子が主人公になります。

    で、
    母親を別荘にのこして父親と息子の二人でスーパーに買い物に行きます。

    で、
    買い物している途中で突然濃霧が発生し、
    血だらけになった人がスーパーに助けを求めて駆け込んできます。

    そして、
    霧の中に得体の知れない何かがいるということがわかり、
    スーパーを生存拠点としてそこにいた人たちは助け合うことに。

    まぁ、
    しかし、
    人が十人以上集まれば、
    色んな考えで行動するようになり、
    最後には宗教を前面に押し出したカルト集団ができあがり、
    妄信的な人狩りを行います。

    たぶん、
    スティーヴン・キングが一番描きたかったのが、
    このスーパーに取り残された人々の恐怖なんでしょうね。

    モンスターの恐怖以上に人の方が怖いっていうのは、
    スティーヴン・キングが得意とする恐怖でもあります。

    映画的には、
    もう少しモンスターの登場というか正体を暴露するのを引っ張っても良かった気ずるけど、
    ラストの逃亡劇に緊張感を持たせるためにはアレで良かったのかも。

    実際、
    スーパーから出た後の緊張感は、
    良く出来ています。

    隣の店に行くのにもハラハラドキドキですよ。

    何であんなモンスターが徘徊することになったかの答えは安直すぎるけど、
    この映画のポイントはそんなことでなくて、
    それらはあくまでもスーパーに取り残された人々の極限状態での恐怖を演出するためのギミックでしかなく、
    ラストのその後はどうなるのかも確かに興味津々ではありますが、
    あの主人公の父親の行動とその後の出来事が全てなのですよ。

    あのラストの為だけにそれまでの物語というか現象は用意されている。

    そんな感じの映画ですね。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : SF ホラー 動画 スティーヴン・キング

    trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    『ミスト』(2007) - The Mist -

    久しぶりに観たけれど、これは面白い。救いのないラストも(かわいそうだけど)最高。それと今回新たな発見があった。なんとあのアメリカドラマに・・・ ■ミスト - The Mist -■ 2007...

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー