刑事コロンボ ハッサン・サラーの反逆

    犯人は、
    ハッサン・サラーです。

    犯人の名前が、
    タイトルに使われているというのも、
    珍しいですな。

    他にあったかな。

    たぶんないと思うけど。

    まぁ、
    あくまで邦題での話ですから。

    さて、
    このハッサン・サラーですが、
    中近東スワリ王国の外交官として、
    アメリカのロサンゼルスにいます。

    そう。

    外交官なので、
    開講特権があり、
    さすがのコロンボも、
    いつも以上に手を焼くことに。

    だから、
    最後の手段は、
    これは、
    アチキ的には、
    ちょっと反則なのではないかと思える、
    国王と仲良くなったので、
    その力を借りるという展開。

    いくら先進的な国王とは言え、
    コロンボとすぐに仲良くなると言う設定が、
    既に伏線的な展開になっていて、
    そこまであからさまにしなくても、
    といった感じです。

    ですが、
    この国王は、
    実に愛嬌があるというか、
    親しみがあるので、
    この展開は、
    有りだと思わせてしまいます。

    やはり、
    トリックも大事ですが、
    キャラクターあっての刑事コロンボだな、
    とつくづく思いますね。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 海外ドラマ(欧米)
    ジャンル : テレビ・ラジオ

    tag : 刑事 犯罪 ミステリー ピーター・フォーク 小池朝雄

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー