プリティ・ウーマン 【1990年製作:映画】

    最近、
    女性読者を無視したネタが続いていたので、
    ちょっと女性より。

    なぜ、
    ちょっとかと言うと、
    ほとんどの女性はこの映画を見ているから。

    いやー、
    この映画は女性が観ると、
    とってもハッピーで憧れてしまうシンデレラ・ストーリーなんでしょうねぇ。

    ジュリア・ロバーツのファッションとかを見て「ステキ」とか言って見ているんでしょうねぇ。

    ちなみにジュリア・ロバーツは大の日本人嫌いらしい。

    本人に聞いたわけではないので、
    信憑性の方はどんなもんなのかしらんけど。

    おっと、
    話を戻しましょう。

    わたし的には、
    ジュリア・ロバーツが着ていた服で良かったのは、
    ラストの紺プレに白のTシャツとジーパンの組み合わせ。

    もっともオーソドックスな服装かな。

    まぁ、
    この映画ファッションも結構重要なアイテムでジュリア扮するフッカー、
    ヴィヴィアンのそのときの状況とか心理状態を表現するのに使っているのよね。

    だから、
    一番最後の素に戻ったヴィヴィアンが一番良いよね。

    リチャード・ギアは、
    相変わらずだし。

    今更この映画のストーリーを書くのもなんだし。

    男の子が見ても面白いとは思うんだけど、
    どーなんでしょう。

    な~んも、
    考えずに見れる映画だけど、
    ジュリアとギアの初めてのキスシーンは、
    良かったなぁ。

    まぁ、
    その後のシーンも男としては捨てがたいんですけど。

    こほん。

    疲れて寝ているリチャードに、
    ジュリアがよってきて最初は、
    唇に手を当てての軽いキスをするんです。

    その後、
    そっとリチャードの頬にキスをして、、、。

    と、
    まぁ、
    あのシーンは良いシーンだったなぁ。

    うんうん。

    あのシーンのジュリアの演技だけは評価しよう。

    後は、
    まぁ、
    可もなく不可もなくといったところだけど。

    なんだかんだ言っても憶えているもんなぁ。

    面白い映画なのよね。

    ジュリア・ロバーツもこの頃が一番キュートだったんじゃないのかなぁ。

    見終わった後は、
    とってもハッピーになれる映画だからいいよね。

    しかし、
    ジュリア・ロバーツってのっぽだよねぇ。

    股下112センチ(?)と映画の中で言っていたからなぁ。

    足もなげぇなぁ。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 日常 恋愛 リチャード・ギア ジュリア・ロバーツ 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー