OLD GAMERS HISTORY Vol.13 アドベンチャーゲーム・パズルゲーム編 1995年~2006年 爛熟期編

    「OLD GAMERS HISTORY」Vol.13で、
    アドベンチャーゲーム・パズルゲーム編も終了ですね。

    次は、
    スポーツゲームレースゲーム編となるようです。

    さて、
    1995年からのゲームを取り扱うと言う事で、
    当時、
    次世代機としてプレイステーションやセガサターンなどの32ビット機が主流となり、
    それまでの2D中心のグラフィックから、
    3DCGへと表現方法が変わってきた時期になります。

    そのおかけで、
    ゲームも、
    見た目だけでなく、
    今まで出来なかったプレイ表現が出来るようになり、
    アチキとしては、
    とても喜びましたね。

    特に、
    アーケードのゲームが家庭でそのマンの状態で遊べるというのが、
    非常にうれしかった。

    アドベンチャーゲームとかパズルゲームではないですけどね。

    さて、
    そのアドベンチャーゲームも、
    テキストを単純に追っていくゲームから、
    プレイヤーキャラを操作して物語を薦めるタイプの物が多くなりました。

    なので、
    単純なアドベンチャーゲームというよりも、
    アクションアドベンチャーゲームとか、
    そういった感じの物になっていきましたね。

    アクションの比重が多いのか、
    少ないのかで、
    ジャンル的にアドベンチャーでなくなったりしているケースもありますが。

    アチキの感覚では、
    「バイオハザード」などは、
    アクションアドベンチャーだと思っています。

    と言う事で、
    家庭用機のアドベンチャーゲームの紹介が多くなり、
    PCに到っては、
    アダルトオンリーのアドベンチャーゲームの紹介って感じになっています。

    もう日本では、
    この時期になると、
    PCで一般向けのゲームは売れないと言う事なんでしょうな。

    まぁ、
    コーエーなどの昔からPCでゲーム発売しているメーカーだけが、
    頑張って審査下していますって感じで、
    それ以外は、
    海外のローカライズのゲームくらいしかないですからね。

    そんなわけで、
    と言うわけでもないですが、
    家庭用のアドベンチャーゲームは、
    それこそ、
    おもしろいのが一杯でました。

    いつかプレイしたいなぁ、
    と言うのが、
    一杯載っていましたね。

    もちろん、
    プレイしたことがあるゲームも。

    今回のアドベンチャーゲーム・パズルゲーム編は、
    思っていた以上に楽しめました。

    まぁ、
    パズルゲームの方は、
    ほとんど、
    スルーに近い状態でしたけど。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 本、雑誌
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : AVG PZG

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー