F1 2019 Round.9 オーストリアGP

    なんと言ってもレッドブル・ホンダの初優勝におめでとうだな。

    レース前も、
    レース直後も優勝できるとは、
    小指の爪の先ほどにも思っていなかったよ。

    いや、
    スタートするまでは、
    小指の先ほどくらいは、
    もしかしたら優勝あるかも、
    と思っていたけど、
    フェルスタッペンのスタートの出遅れを見たら、
    あーあ、
    もう表彰台も難しいな、
    と。

    予選までの流れを見ても、
    前のフェラーリとメルセデスを抜いていくなんて、
    ちょっと無理だろうと思っていましたからね。

    1台、2台は、
    いけるか元は思っていたけど、
    さすがに優勝は、
    無いだろうと。

    それが後半の追い上げと追い抜き。

    モード11は、
    今年の流行語(F1限定だけど)になりそうな勢いでしたよ。

    2位を走っているボッタスを抜いた時には、
    いけるかどうか、
    優勝できるかどうかは、
    半信半疑でした。

    何しろ、
    5秒のタイム差。

    縮めることは出来ても、
    抜くまでいけるのかどうか。

    それでも、
    ここまで良く来たよ、
    といった感じでした。

    それが、
    接触しつつもトップのルクレールを抜いた時には、
    ガッツポーズしてしまいましたね。

    いやー、
    ホントにおもしろいレースでした。

    セナやキミ・ライコネンのレースを思い出しました。

    そして、
    何よりも、
    ホンダが復帰後初優勝というおまけが付いて、
    余計、
    おもしろさが倍増ですよ。

    それで言うと、
    鈴鹿のセナのレースに近い感動でしたね。

    もちろん、
    セナの方が感動の度合いは高いですけど。

    アレを越えるには、
    いや、
    同等の感動を味わえるのは、
    きっといずれ訪れるワールドチャンピオンをとった時でしょうね。

    ホントに今回のレースは、
    レッドブル・ホンダファン以外も楽しめたレースだと思いますよ。

    だからスチュワードも忖度したでしょうし、
    フェラーリも最低限の抗議だけで、
    結果を受けしれることにしたのでしょう。

    こういうレースがシーズンの内、
    何度かあれば、
    きっとF1は、
    もっともっと盛り上がると思いますよ。

    他にも色々と書きたいこと一杯ありますが、
    とりあえず、
    今回は、
    これくらいで。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー