低俗霊狩り 【マンガ】

    奥瀬サキ著「低俗霊狩り」です。

    以前観たアニメ「低俗霊DAYDREAM」が結構良かったので、
    原作のマンガを読もうと思い色々と調べていたらまずは「低俗霊狩り」から読むべきだなと言うことで読んだんですよ。

    コミックの「低俗霊DAYDREAM」では原作者となっている奥瀬サキ氏ですが、
    「低俗霊狩り」では自身で画を描いております。

    今観ると時代を感じる絵柄ですが、
    奥瀬サキ氏の個性もキチンと出ているので、
    あまり古くさくは感じないですね。

    主人公はペチャパイ、絶壁と胸のないことを気にしている美人のお祓い師。
    通称「低俗霊ハンター」と呼ばれている流香魔魅(りゅうかまみ)の活躍を描くマンガです。

    アチキは文庫版のコミックを読んだんですが、
    八年間書き続けて上下巻の二冊しかないんですよね。

    そして、八年という長い期間に書かれているので、
    上巻と下巻では作品の雰囲気が変わっています。

    やはり、下巻の雰囲気は洗練されてきて実に良くできています。

    オカルトブームの頃に連載されていたと思うし、
    後半の話なんかは実に良くできていると思うんですよね。

    シリアスな展開の中にコミカルな部分をキチンと残していて、
    楽しく読めるようになっている。

    純粋に怖がらせようってマンガじゃないのでメリハリがあっていい感じなんですけど。

    確かに上巻の頃は画に癖があるので一見さんは取っつきにくいかもしれないけど、
    下巻の頃はそんなこともないので、
    もう少し世間に受けても良かったと思うんですけどね。

    もしかしたらマイナーな雑誌での連載がたたったのかもしれませんが、
    それでもコミックの売り上げがあれば連載は結構続くもんなんですけど。

    何が受けなかったのかなぁ。

    すんげーおもしれぇ、ってマンガでないのは確かですけど、
    楽しいマンガならみんな気軽にコミックは買うと思うんだけど。

    まぁ、ネタも一般的ではないからなぁ。

    この作品を端的に表しているのが下巻のはじめに掲載されている「彼女」という話。

    AV(アダルトビデオ)の撮影中に現れる女性の幽霊。

    この幽霊を祓うために流香魔魅に依頼するのだが、
    この幽霊の彼女が悲惨な事件で死んでしまった人だったんですね。

    まぁ、幸せに死んでいたら幽霊になって出てくることはないとおもうんですけど。

    しかし、この彼女はうらみはらさでおくべきかって感じではなく、
    残されて人のことを思って、心配で現世に未練があることが分かる。

    最後はキチンと成仏するんですけどね。

    恨み、辛みだけがネタじゃないというのがよいですよ。

    この手のモノって、人の情をどのくらい深く描けるかでおもしろみが変わると思うんだよね。

    そこがキチンとしていないととても表面だけのつまらないモノになってしまう。

    「低俗霊狩り」は、特に後半はホント良くできていると思いますよ。

    興味があったら是非読んでみてください。




    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : オカルト 日常 奥瀬サキ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー