インフェルノ 【2016年製作:映画】

    ダン・ブラウン著書のミステリー小説ラングドン教授シリーズの映画化第三弾ですね。

    原作の小説は、
    「ダ・ヴィンチ・コード」しか読んでいないんですよね。

    小説は、
    おもしろかったので、
    シリーズを読もうとは思っているのですが、
    いつものように、
    未だに思っているだけで読んでいません。

    ですが、
    映画は、
    さくっと見られるので、
    シリーズを追っかけるのは簡単。

    と言う事で、
    「インフェルノ」ですね。

    今回は、
    なんと、
    ラングドン教授は、
    記憶喪失から始まります。

    飲み過ぎて記憶が飛んだわけではございません。

    病院にも襲撃者が現れ、
    何かしら事件に巻き込まれたことはわかり、
    病院から逃げ出します。

    記憶をたどる一方、
    事件は、どんどん進んでいき、
    ラングドン教授は、
    目の前の謎を解いていくことに。

    今回は、
    今まで以上に、
    ラングドン教授の頭よりも肉体、
    要は、
    アクションシーンが多くなっている感じですね。

    謎解きを楽しむと言うより、
    スリとサスペンスに趣が置いてある感じです。

    映画というメディアでは、
    今回のような感じの方が、
    楽しめるというか、
    あっていると思います。

    原作は、
    謎解きの比重が多いとは思いますけど。

    「ダ・ヴィンチ・コード」の時も、
    映画では、
    謎解きが端折られていたりしましたからね。

    原作の小説は読んでいないので何とも言えませんが、
    もし映画用に内容が改編されているのであれば、
    もしかしたら原作小説のファンの方は、
    不満が出ている可能性はあるかもですね。

    まぁ、
    小説は小説。

    映画は映画と割り切って楽しむのが一番だとは思いますが、
    人間、
    そう簡単に割り切れる分けではないですからね。

    と言う事で、
    アチキは、
    映画しか見ていないので秋分映画として楽しませて頂きました。

    シリーズを通して見ていなくても、
    コレ単体で十分楽しめるとは思いますが、
    シリーズを通して見ていないと分からないちょっとしたしゃれとかは、
    少しですがあります。

    そう言うのを気にする方は、
    一作目からご覧になってくださいな。

    ちなみに、
    今回は、
    ダンテの神曲がネタになっています。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ミステリー サスペンス 犯罪 アクション 動画 トム・ハンクス

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー