クッキー・フォーチュン 【1999年製作:映画】

    監督はロバート・アルトマンです。

    どっかで聞いたことがある名前だと思います。

    「ザ・プレイヤー」とか「プレタポルテ」「相続人」なんかが有名かな。

    他にもいっぱいあるんだけどね。

    いやー、なかなかどうして、
    いたって普通の映画だったなぁ。

    もうちょっと不思議な映画かと思ったんだけど。

    普通の映画好きにはいい感じかもしれない。

    いっぱいいい人が出てくるんですよ。

    アメリカの片田舎の話なんですけどね。

    物語は、ものすごく普通にゆっくりと流れていきます

    で、登場人物の紹介が終わったところで事件は唐突に始まります。

    クッキーおばあちゃんが自殺するんです。

    さぁて、ここからが面白い。

    自殺を隠して強盗に見せかけたリブ・タイラーの伯母さんがキーポイントになるんですけどね。

    そのとばっちりを受けたのがクッキーおばあちゃんを面倒見てきた黒人さんなんです。
    確かウィルだったと思うけど。

    で、リブ・タイラーはというと、これがまたあーた、
    なんでこんなにでぶっちゃったのと言いたい。

    わたしのことはほっといてねリブ・タイラーのことね。

    で、このリブちゃんはクッキーちゃんが好きで、
    ついでに容疑者にされた黒人さんも好きで、
    なので一緒に牢屋にはいるんですよ。

    でも田舎の警察官は、
    科学捜査ではなく人情捜査なので黒人さんは犯人ではないと思っているからなんだか全然深刻な展開じゃないのね。

    ほのぼのした雰囲気がとってもいい感じなんです。

    で、田舎の警察で捜査能力がないから本部からバリバリの刑事さんが捜査をしに来るんです。

    で、まぁ、警察もいい加減なら待ちの人間もいい加減で、
    なんともほのぼのとした感じなんですなぁ。

    しかし、なんであんなにでぶっちゃったのリブちゃん

    で、捜査をすすめていくうちに、
    意外な犯人の名前が浮上するのです。

    それは、リブちゃんの伯母さん。

    いやー、とっても嫌なばばぁなんだよ。

    だからラストが、
    あぁなってとっても気持ちはハッピーエンド。

    しかし、めちゃくちゃなのは血縁関係。

    誰のって、そりゃぁ、クッキーおばあちゃんの。

    なんだか、真剣に考えるとよく分からなくなってしまうから登場人物だけの血筋しか認識していないんだけどさ。

    しかし、なんであんなにグラマラスになっちゃったのリブちゃんは。

    良い映画だね。

    ほのぼのした雰囲気の気持ちの良い映画です。

    内容はサスペンス系なんだけど、微塵も感じません。

    のんびり寝正月に見るならちょうど良いかも。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ リブ・タイラー 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー