ドラゴンクエスト ユア・ストーリー 【2019年製作:3DCGアニメ:映画】

    3DCGアニメで製作された「ドラゴンクエスト」の映画です。

    原作は、
    国民的なゲームタイトルなで、
    ゲームをプレイしていなくても、
    タイトルは、
    知っているという人も多いでしょう。

    「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」が原作になります。

    シリーズの中でも、
    ドラマの部分が非常に人気で、
    特に、
    花嫁をどちらにするかというのは、
    よく話題になります。

    かく言うアチキも、
    毎回、
    プレイするたびに、
    いつも選んでいない、
    もう一人の方を花嫁にするんだ、
    と言う意気込みでプレイするのですが、
    なぜか、
    いつも同じ人を選んでしまうのですよね。

    毎回、
    選択の前に保存しといて、
    そこから始められるようにしていても、
    なぜか、
    そこからプレイしたことが無いという。

    これってあるあるネタなんですかね。

    同じようなことを
    映画の中でもありましたから。

    さて、
    ここからは、
    かなりネタバレになることを書くので、
    まだ見ていない人や、
    気にする人は読まないようにしてください。

    いやー、
    何しろ、
    以前、
    某マンガのネタの時に、
    こんなラストじゃないのか、
    と予想を書いたので、
    その答え合わせを少なからずしないとな、

    言うことで、
    どうしてもネタバレになってしまうな、
    と。

    さて、
    公開前の一番の論点であった「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」の一大イベント、
    花嫁はどちらになるのか、
    世間的な人気投票できっと第一位の女性になりましたね。

    まぁ、
    最大公約数で人気をとろうとすれば、
    そうなるのかな、
    と言うことで、
    良いと思います。

    ちなみに、
    アチキは、
    この女性を、
    未だに選んだことがないんですよ。

    次こそは、
    選びたいと思っていますよ。

    特に、
    この映画を見た後は、
    無性に「ドラゴンクエスト」をプレイしたくなりましたから。

    さて、
    結婚後、
    子どもが誕生するのですが、
    なんと、
    たった一人ですよ。

    双子じゃないんですね。

    これは、
    何でだろうと思いましたね。

    尺の問題かな、
    とも思ったのですが、
    二人いてもその辺で支障が出るとは思わないんですけどね。

    まぁ、
    できるだけシンプルにしたかったのかもしれません。

    一人だからと言って、
    特に違和感もなかったし。

    まっ、
    一人だけだと分かったとき、
    あれ?二子じゃなかったけ?
    とアチキの記憶を疑いはしましたけどね。

    で、
    問題のラストですが、
    ラストというよりは、
    こういう展開を望んでいないという人の問題の所ですが、
    アチキのラストよりも、
    実に現代的になっていました。

    いやー、
    アチキは、
    昭和のテレビゲーム世代なのだと、
    つくづく思ってしまいましたね。

    そうだよな、
    今なら、
    そういう感じになるな、
    と。

    拒否反応を示した人は、
    やっぱりゲームではない世界の物語を望んでいたんでしょうね。

    アチキも、
    そう思いましたしね。

    制作側は、
    ゲームだというのを、
    しっかりと認識させて、
    映画を見ている人をゲームプレイヤーにしたかったんでしょうね。

    そして、
    この映画を見て、
    ゲームをプレイしてほしいと思ったんでしょうね。

    映画という完結した物語ではなく、
    オフラインの広がりを考慮したのかもしれません。

    あくまでもこれは、
    ゲームの映画なのだと。

    その展開のおかげか、
    それがなくても、
    あの音楽を聴けば、
    またプレイしたくなるのですが、
    先にも書いたように、
    映画を見終わった後、
    ゲームをプレイしたくなったのは事実ですからね。

    最後の展開については、
    賛否があるのはよく分かるとして、
    それまでは、
    この尺の中によくまとめたな、
    と言う素晴らしい出来でしたよ。

    アチキの不満は、
    実は、
    見る前から分かっていた賛否のある展開よりも、
    エンドロールで、
    それまでのシーンを見せているのですが、
    ドラクエとしては、
    その後のエピソードになるシーンを見せてほしかったな。

    まぁ、
    バーチャルにてしまったことで、
    ああの世界でのその後を描きにくくなったのかもしれませんけどね。

    それを考えると、

    バーチャルにしなければな、
    と。

    まぁ、
    バーチャルでも、
    主人公の現実世界でのその後を見せても良かったのかもしれないけどね。

    最後は、
    ドラクエのテレビゲームを始めるカットを入れて、
    オープニングのドット絵のシーンにつなげていくみたいな、
    感じでね。

    と言うことで、
    ドラクエファンもそう出ない方も、
    話のネタにはなるし、
    楽しめ作品ではあるので、
    是非、
    レンタルして見てくださいな。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ファンタジー 冒険 アクション 3DCG 動画 山寺宏一

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー