F1 2009 Round.1 オーストラリアGP

    レギュレーションが大幅に変更されて、
    はじめてのグランプリ。

    テストの様子からブラウンGPがいいところに行くのでは、
    と思っていけど、まさかね、優勝とは。

    ちょっとだけビックリ。

    まぁ、Yahoo!予想では、ブラウンGPの優勝にいれていたんだけどさ。

    ホンダのスタッフは、どう思っているんだろう。
    うれしいのかなぁ、悔しいのかなぁ。

    アチキだったらどうだろう。
    やっぱり悔しいだろうなぁ。

    エンジン以外は、旧ホンダ製のマシンだからね。

    でも、金曜日のセッションからみていたけど、
    実に安定感のあるチームになっていました。

    まだピット作業ではもたつきがあって、
    接戦の時には致命的になりそうな感じですが、
    今回に限っては、ピットクルーのもたつきのマイナスをいれても御釣りが来るくらい速かったし、
    強かった。

    他のチームがバタバタしていたせいもあるけど、
    特にベッテルとクビサのクラッシュのおかげで、
    ブラウンGPのマシンのポテンシャルをみることが出来なかったなぁ。
    あのとき、すんなりクビサが前に出て、バトンをプッシュしはじめたらバトンも真剣に走ったと思うんだよねぇ。
    あのタイヤでどこまで踏ん張れたのかみてみたかった。
    たぶん、それでも優勝はしていたと思うけどね。

    でも、ホント、願ってはいたけど、まさかの優勝で今シーズも楽しいグランプリになりそうですよ。

    今回、色々な不運に見舞われたトヨタなんて、ホンダの名前がついていなくてほっとしているんじゃないかな。特に上層部は。

    ブラウンGPの問題は、シーズンを通しての開発力かな。
    チームの設備としては、問題ないけど、お金がね。
    バージングループがスポンサーになったけど、ホンダの時よりは明らかに資金はないはずだからね。

    トップチームは、どんどん開発してくるから、シーズン中盤には今のアドバンテージなんてなくなっているからね。

    まぁ、今週のマレーシアGPに関して言えば、順当に行けばブラウンGPの優勝でしょう。
    コース特性が違うけど、問題ないと思うし。

    今週末がまた楽しみですねぇ。

    決勝結果
     
    順位No.ドライバーチームトータルタイム周回平均速度 (km/h)最高位
    122ジェンソン・バトンブラウン・メルセデス1:34'15.784

    58

    195.775

    1

    223ルーベンス・バリチェッロブラウン・メルセデス1:34'16.591

    58

    195.747

    2

    39ヤルノ・トゥルーリトヨタ1:34'17.388

    58

    195.720

    3

    410ティモ・グロックトヨタ1:34'20.219

    58

    195.622

    5

    57フェルナンド・アロンソルノー1:34'20.663

    58

    195.607

    5

    616ニコ・ロズベルグウィリアムズ・トヨタ1:34'21.506

    58

    195.578

    3

    712セバスチャン・ブエミSTRフェラーリ1:34'21.788

    58

    195.568

    4

    811セバスチャン・ブルデーSTRフェラーリ1:34'22.082

    58

    195.558

    9

    920エイドリアン・スーティルフォース・インディア・メルセデス1:34'22.119

    58

    195.556

    10

    106ニック・ハイドフェルドBMWザウバー1:34'22.869

    58

    195.530

    11

    1121ジャンカルロ・フィジケラフォース・インディア・メルセデス1:34'23.158

    58

    195.521

    4

    1214マーク・ウェーバーRBRルノー1:34'16.197

    57

    192.386

    13

    1315セバスチャン・ベッテルRBRルノー1:29'54.225

    56

    198.190

    2

    145ロバート・クビサBMWザウバー1:27'13.838

    55

    200.616

    3

    154キミ・ライッコネンフェラーリ1:28'59.301

    55

    196.653

    4

     3フェリペ・マッサフェラーリサスペンション

    45

    196.807

    3

     8ネルソン・ピケJr.ルノースピン

    24

    187.595

    3

     17中嶋一貴ウィリアムズ・トヨタアクシデント

    17

    207.910

    4

     2ヘイッキ・コバライネンマクラーレン・メルセデスアクシデントダメージ

    0

    0.000

    -

     1ルイス・ハミルトンマクラーレン・メルセデス失格

    0

    0.000

    -











    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー