ゴジラVSビオランテ 【1989年製作:映画】

    「ゴジラ」シリーズの17作目です。

    前作で、
    仕切り直しされた「ゴジラ」からは、
    2作目になります。

    そして、
    仕切り直しのこの作品から「VS」シリーズとなります。

    もう怪獣プロレスとは呼ばせない、
    って感じの怪獣同士の戦闘が行われます。

    CSでゴジラの人気投票をしていて、
    確か、
    この作品が、
    1位になったんですよね。

    アチキの記憶違いでなければですが。

    ググれば、
    出てくるかもしれませんけど。

    まぁ、
    そのときの結果を見て、
    そうな、
    と言うのが、
    アチキの正直な感想でした。

    何しろ、
    この映画をアチキは、
    まともに見たことがなかったんですよね。

    ちらっとだけ見たことはあるんですけど、
    最初っからしっかりと集中してみたことがなかったので、
    今回、
    まともに、
    はじめて見ました。

    内容は、
    前作の続きになります。

    冒頭で、
    沢口靖子が登場してくるのですが、
    前作の沢口靖子の役とは違います。

    別の人物としての設定です。

    アチキは、
    てっきり、
    前作の沢口靖子の役が、
    そのまま続いているのかと思ったんですけど、
    父親が違うので、
    う~ん、
    となって、
    ちょっとググって確認したくらいです。

    さて、
    この死んだ沢口靖子の細胞を使って作られたのが、
    ビオランテです。

    ちょっと言い方に語弊がありますが、
    まぁ、
    いいでしょう。

    もう、
    その設定で、
    アチキは、
    なんだかなー、
    と昔思っていて、
    まともに見なかったんですよね。

    さて、
    今回は、
    放射能のゴジラと、
    バイオテクノロジーというか、
    これは、
    ある種、
    バイオハザードによってうまれた怪獣ビオランテという、
    人類が生み出した、
    行き過ぎた科学の権化としての怪獣同士の戦い、
    って感じになっています。

    まぁ、
    小難しいことは考えないで、
    怪獣エンタテインメント映画なので、
    純粋に面白いかどうか何ですけど、
    今回改めてみて、
    予想以上に良くできていて面白かったですよ。

    アチキの創造していたクオリティが低すぎたのかもしれませんけど。

    そんなわけで、
    今回、
    色々とゴジラシリーズを見直して、
    再発見の連続ですよ。

    やっぱり、
    キチンと見たり、
    何度も見たりすれば、
    違った感想になったり、
    新たな発見とか面白さを見つけられるんだなー、
    と思いましたよ。

    もちろん、
    何度も見直せられるかどうかと言うのもポイントですけどね。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 怪獣 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー