マスカレード・ホテル 【2018年製作:映画】

    原作は、
    東野圭吾の小説です。

    ホント、
    毎回書いている気がしますが、
    結構、
    東野圭吾原作の映画とか、
    ドラマを見ているのですが、
    小説を一冊も読んだことがないのですよ。

    いつもいつも読もうと思っているんですけどね。

    どうもタイミングが合わないようで。

    さて、
    そんなわけで、
    小説がどういった感じなのかは知りませんが、
    映画は、
    中々良かったですよ。

    主演は、
    木村拓哉と長澤まさみ

    キムタクは、
    相変わらず、
    キムタクでしたし。

    長澤まさみは、
    直近で、
    「都市伝説の女」の見ていたので、
    そのイメージが当初ダブっていて、
    違和感がありましたけど、
    それがなくなってからは、
    いい感じでしたね。

    さて、
    物語は、
    とあるホテルが、
    連続殺人事件の現場だろう、
    と言うことで、
    警察が、
    潜入捜査をすることに。

    キムタクは、
    刑事で、
    ホテルマンになって犯人捜し。

    その上司というか、
    サポートとして、
    ホテルマンの、、、ホテルウーマンの長澤まさみ

    人を疑うことからスタートする刑事と、
    人(客)を信じる所からスタートするホテルマン。

    そんな二人が、
    互いを認め合うウニなって、
    と言うところが、
    いろんな意味でポイントですね。

    アチキは、
    当初、
    ホテルマンの中に犯人がいるのかな、
    なんて思っていたんですけどね。

    と言うふうに書いていると言うことは、
    違うってことなのかどうかは、
    見て確かめてくださいな。

    犯人捜しもそうでしたけど、
    人間ドラマにもしっかりとスポットが当たっていて、
    それこそ、
    これを見る前に見ていた「新参者」シリーズにも共通する部分があって、
    楽しめたって感じですかね。

    結局、
    犯人はこいつかな、
    と言う二人ほどいた候補の中の一人ではありましたけど、
    犯人が分かった、
    って感じではなかったですね。

    やっぱりぼんくら頭では、
    疑わしい、
    くらいまでしか分かりませんでしたよ。

    と言うことで、
    まだ見ていない方は、
    レンタルして見てくださいな。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 ミステリー 刑事 動画 長澤まさみ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー