ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃 【2001年製作:映画】

    「ゴジラ」シリーズ25作目です。

    これまた以前ネタにしたことがあるんですよ。

    で、
    やはりいろんな意味で注目するのは、
    監督が、
    平成ガメラシリーズの金子修介監督だという所ですね。

    まぁ、
    以前は、
    やはりというか、
    かなりダメ出ししている感じの感想でしたね。

    で、
    今回は、
    以前見たときの記憶がかなり残っていたので、
    ある意味、
    以前見えなかったところも見えている感じで見ましたね。

    それで言うと、
    今回は、
    怪獣プロレスは、
    しっかりしているだけでなく、
    怪獣という異物が、
    人間の住む社会に入り込んだ結果、
    カタストロフィが起きているという所を、
    しっかり描いていることに気づきました。

    なんか、
    そういう言葉を使うと、
    すごいことをしているような感じですが、
    実は、
    それほどたいしたことではなくて、
    ある意味、
    面倒なところを面倒がらずに描いたと言うことだけかもしれないですけどね。

    それは、
    いわゆるモブキャラが巻き込まれて死んでいくシーンが、
    かなりしっかりと、
    頻繁に描かれているということです。

    バイオレンス映画ではないので、
    崖木下時期になって、
    悲惨な時単位になるところを描いていると言うことではないですよ。

    さすがに、
    ごと桃見る映画ですからね。

    ですが、
    建物が崩れて、
    人が飲み込まれるシーンがしっかりと演出されていると言うことです。

    アチキの友人は、
    初代ゴジラは、
    パニック映画として、
    庶民が退去して逃げていくシーンが良いのだ、
    と言っていました。

    その言葉が残っているので、
    シリーズを通して、
    そういうシーンが出てくると、
    これは、
    ゴジラ映画の定番的なな演出で、
    みんなそれが良いと思っているんだな、
    と感じていたものです。

    後、
    ミニチュアでの撮影の限界というのもあるんでしょうね。

    器具めみゴジラが、
    ミニチュアの町を破壊しても、
    そこには、
    動く人形はおけないので、
    どうしても演出的には、
    省略された感じになってしまうと言うことですな。

    といった感じで、
    何度も見ていると、
    そういう細かいところを見られようになると言うことで、
    問題は、
    何度も見たくなる作品かどうかと言うことですな。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 怪獣 パニック 動画 金子修介 佐野史郎 山寺宏一 加瀬亮

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー