F1 2010 Round.2 オーストラリアGP

    オーストラリアGPと言えば開幕戦、と言うくらい近年の開幕はオーストラリアGPだったのに、
    今年は第二戦になりました。

    そのせいか、天気のせいか分かりませんが、
    いつもの華やかな雰囲気は予選まではあまり感じませんでしたねぇ。

    しかし、決勝は地元出身のドライバー、マーク・ウェーバーが予選二位に入り、
    大勢の観客で埋め尽くされ、
    曇天の空模様も関係なく盛り上がっていました。

    ポールポジションはベッテル。

    アチキ一押しのドライバーです。

    今年はワールドチャンピオンになって欲しいドライバーの一人ですね。

    雨交じりのスタートでしたが、
    ホールポジションの利点を生かしてトップ独走。

    盤石の走りで二位以下を突き放してレースを展開していきました。

    序盤、小林可夢偉のクラッシュが原因で、
    セーフティーカーが入りましたが、
    そんなこと関係ない、って感じの最速男の走りでしたねぇ。

    ホント、ベッテルは凄いドライバーですよ。

    現在では珍しいくらい完走率が悪く、
    セーフティーカーが入る確率も高いオーストラリアGPですが、
    今年は小林可夢偉のクラッシュによる一回しかありませんでしたね。

    結果、優勝はジェンソン・バトン。

    雨が上がり、まだレコードラインもそれほど乾いているようには見えなかった頃、
    ドライタイヤにいち早く履き替えて走り出したジェンソン・バトンが優勝。

    最初は、このギャンブルは失敗だろうと思ったのですが、
    結果は優勝ですからね。

    大成功って感じてすよ。

    独走していたベッテルがマシントラブルで優勝を逃してノーポイントになったのとは対照的に、
    棚からぼた餅までは言いませんが、
    賭に出て自らそれをモノにしたのはさすがバトンって感じです。

    荒れたレースを無難に走る技量は観ていてつまらんのですが、
    上手いですよねぇ。

    ハーフウェットの路面をしっかり走りきり、
    リヤタイヤにもキツイサーキットで、
    タイヤマネジメントも優秀なバトンが優勝というのは、
    さすが去年のワールドチャンピオンってことですか。

    移籍して二戦目で優勝ですから、
    バトンもバトンを引っ張ってきたチーム代表も一安心でしょうね。

    何しろハミルトンよりも先に優勝ですから、
    パドック雀たちにもしてやったりといった感じではないですか。

    大人の走りのバトンに比べて、
    やんちゃなハミルトンはコース内外で話題を振りまいていましたなぁ。

    そして、二位にはアチキの好きなドライバーであるクビサ。

    トップチームよりも戦闘力も資金も少ない所で、
    ドライバーの腕で二位を奪取ですよ。

    速さもうまさも兼ね備えたドライバーですね。

    クビサには、ホントトップチームで速いマシンに乗せてあげたい。

    絶対、ワールドチャンピオンになれますよ。

    ベッテル、クビサ、ロズベルグは、
    間違いなくマシンさえ良ければワールドチャンピオンクラスのドライバーです。

    この三人が毎年ワールドチャンピオンになったら面白くなりそうですね。

    そういえば、久々に復帰した元ワールドチャンピオンで皇帝のシューマッハはどうしたんでしょうね。

    トロロッソのマシンの素性は確かに良いですよ。

    でもねぇ。

    アルグエールスワリに、いつまで手こずっているんだって感じですよ。

    ロズベルグならさっさと抜いていますよ、きっと。

    まぁ、印象だけだからもしかしたらロズベルグでも簡単ではないかもしれないけどね。

    三位にはマッサ。

    なんだ、そこにいたんだって言う感じでしたね。

    マッサこそ、棚からぼた餅で表彰台ゲットって感じです。

    一戦目、二戦目と優勝者が変わりシーズン前の予想通り今年はどのチーム、
    どのドライバーが抜け出すのか分からない混沌としたシーズンになりそうですねぇ。

    毎戦目が離せませんなぁ。




    2010 FORMULA 1 QANTAS AUSTRALIAN GRAND PRIX

    PosNoDriverTeamLapsTime/RetiredGridPts
    11Jenson ButtonMcLaren-Mercedes581:33:36.531425
    211Robert KubicaRenault58+12.0 secs918
    37Felipe MassaFerrari58+14.4 secs515
    48Fernando AlonsoFerrari58+16.3 secs312
    54Nico RosbergMercedes GP58+16.6 secs610
    62Lewis HamiltonMcLaren-Mercedes58+29.8 secs118
    715Vitantonio LiuzziForce India-Mercedes58+59.8 secs136
    89Rubens BarrichelloWilliams-Cosworth58+60.5 secs84
    96Mark WebberRBR-Renault58+67.3 secs22
    103Michael SchumacherMercedes GP58+69.3 secs71
    1117Jaime AlguersuariSTR-Ferrari58+71.3 secs17 
    1222Pedro de la RosaBMW Sauber-Ferrari58+74.0 secs14 
    1319Heikki KovalainenLotus-Cosworth56+2 Laps19 
    1420Karun ChandhokHRT-Cosworth53+5 Laps22 
    Ret24Timo GlockVirgin-Cosworth41Suspension23 
    Ret25Lucas di GrassiVirgin-Cosworth26Hydraulics24 
    Ret5Sebastian VettelRBR-Renault25Wheel issue1 
    Ret14Adrian SutilForce India-Mercedes9Engine10 
    Ret12Vitaly PetrovRenault9Spin18 
    Ret21Bruno SennaHRT-Cosworth4Hydraulics21 
    Ret16Sebastien BuemiSTR-Ferrari0Accident12 
    Ret10Nico HulkenbergWilliams-Cosworth0Accident15 
    Ret23Kamui KobayashiBMW Sauber-Ferrari0Accident16 
    Ret18Jarno TrulliLotus-Cosworth0Hydraulics20









    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー