F1 2020 Round.1 オーストリアGP

    開幕戦仕切り直しでの2020年シーズンのスタートです。

    コロナの影響で、
    無観客など、
    様々な施策を取り入れての開催。

    契約問題などもあり、
    年間のレース数をなんとかクリアしたいという感じで、
    無理くりの同一サーキット連続開催などもあって、
    現場は大変だな、
    と。

    さて、
    今年に関しては、
    色々とイレギュラーが多く、
    アチキとしては、
    レースが見られるだけで、
    御の字だな、
    って感じです。

    さて、
    開幕戦を制したのは、
    メルセデスのボッタスです。

    ハミルトンではなく、
    ボッタスというのがいいですな。

    そのハミルトンは、
    4位です。

    2位でフィニッシュしたのですが、
    レッドブルのアルボンとの接触でペナルティをくらい、
    5秒加算になっていたので、
    後続のマシンに抜かれたというかたちになっています。

    いつもなら、
    5秒くらいマージンを稼げそうなマシンの出来ですが、
    色々とトラブルを抱えているというか、
    トラブルにならないように走っていたので、
    そこまでのマージンは稼げなかったのでしょう。

    それで言うと、
    初の3位表彰台をゲットしたマクラーレンのノリスは、
    素晴らしい走りを見せましたね。

    特に、
    ファイナルラップで、
    ハミルトンとの差を縮めた走りは、
    ファステストラップにもなるほど、
    素晴らしかったですよ。

    去年もいい走りをしていましたが、
    また一つ成長した菅を見せたって感じです。

    本当に、
    将来が楽しみですね。

    そして、
    レッドブル・ホンダですが、
    フェルスタッペンが、
    今季初のリタイヤをいきなりやってくれました。

    それまでは、
    メルセデスの後ろを走っていて、
    中盤から後半にかけて、
    どんな戦略で行くのかな、
    と思っていた序盤も序盤にマシントラブルですよ。

    チームメイトのアルボンも、
    セーフティーカーあけに、
    ハミルトンに対して果敢にせめて、
    抜いたと思ったら接触で最後尾。

    それが原因かどうかは分かりませんが、
    結局リタイヤ。

    去年のブラジルに続き、
    ハミルトンに表彰台を奪われた感じになりましたね。

    いろんなことが起きて、
    近年では珍しいくらいリタイヤが多く、
    チェッカーを受けたのは、
    11台。

    完走扱いのマシンもありますが、
    最後までサーキット場にいたのは、
    11台と言うことで、
    粉の影響による準備不足というのも少しはあったのかな、
    と。

    さて、
    次戦は、
    グランプリ名は変わりますが、
    同じ場所、
    同じサーキットで今週末に開催されます。

    マシントラブルでリタイヤしたチームは、
    色々と大変ですが、
    解決して戻ってきてくれるのを願うばかりですね。





    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー