マルセイユの決着 <おとしまえ> 【2007年製作:映画】

    「決着」と書いて、
    「おとしまえ」と読ませます。

    フランス映画です。

    モニカ・ベルッチ目当てで見たのですが、
    中々良かったですよ。

    2時間半という長い英映画ですが、
    全然、
    その長さを感じさせませんでした。

    TSUTAYA DISCUSの解説によると、
    ジョゼ・ジョヴァンニの犯罪小説『おとしまえをつけろ』が、
    原作のようです。

    この小説を、
    ジャン=ピエール・メルヴィルが1966年に映画化しており、
    今回は、
    その映画のリメイクということらしいです。

    コレを書くまで、
    そんなことは知らずに見ていましたよ。

    内容は、
    ギャング映画です。

    昔のギャングの大物が、
    脱獄して娑婆に戻ってみると、
    時代が変わって、
    昔ながらのギャングがいた世界ではなくなっていて、
    こりゃいかん、
    と言うことで、
    新旧のギャングの抗争が始まるって感じです。

    男の世界に、
    モニカ・ベルッチがいい感じで花を添えていてね。

    最後まで楽しませてくれました。

    コレなら一般の方が見ても楽しめると思いますよ。

    この手のギャング映画が好きなら、
    一度、
    レンタルして見ても良いかもしれませんな。










    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 アクション 動画 モニカ・ベルッチ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト



    Angel Beats!-1st beat- ダウンロード販売







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ
    DMM GAMES 遊び放題











    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    BIOHAZARD RE:2 イーカプコンバナー